金杯出走メンバー見て。

昨年はシャドウゲイトの単勝でいいスタートが切れました。
今年もあたりますように。

てか登録多すぎて何が出れるのかわかんないのでメンバー見て思ったことだけちょこっと。

中山金杯。

まずアサカデフィート。
もう10歳ですが頑張りますね(笑)。
冬の時計かかる芝は走るからなぁ、押さえざるを得ないでしょうか。
でもタイミング的には1着後であまり買いたくない。

フサイチホウオー。
たぶん直線短い中山が最も合うと思います。
でも硬直してる恐れあるのでタイミング的には良くないです。
ここで走られたらイヤなので買わざるを得ない感じですが、できれば回避して中山記念まで休養してほしいです。

その他の登録馬見てもリズム良い馬が多そうで結構難しそうです。

京都金杯。

キンシャサノキセキ。
平坦ベストのフジキセキ産駒で1200~1400なら現役でもトップクラス評価。
1600なら掛かる心配あるので安定しませんが、能力だけなら登録馬中トップでしょう。
間違って人気落ちるようなら全力買い。

ディアデラノビア。
前走この馬のせいで馬券外れたよ!
まぁでも京都マイルベストって言い続けてましたから評価はせざるを得ないでしょう。
ただ混合戦でも能力出せる精神力あるかはかなり微妙なので人気次第。

サイキョウワールド。
強いと思うんだけどなぁ。
前走1200→1600延長で逃げバテ、延長後の同距離と布石はあります。
京都は軽すぎる感じもしますが連闘ですし一発あってもいいんじゃないかと。
調教で時計出してきてくれれば。

あ、アドマイヤオーラもいた。
んーこりゃ切れないか(笑)。
中京2歳Sでダイワスカーレットに完敗したのにシンザン記念では逆に完勝しましたからね。
広いコース向き。
短縮なのでペースは上がって欲しくないですね。

京都はキンシャサかオーラどっちかはくるんじゃないでしょうか。
あんまり荒れなさそうです。
[PR]
by ms-labo | 2007-12-27 01:24 | 展望
<< 東京大章典の狙い リンク >>