中山金杯各馬コメント

出走馬確定したので各馬について見ていきます。
競馬総合チャンネルの予想オッズ順です。

サイレントプライド
前走ディセンバーS圧勝からこの人気なんでしょう。
ただ前走はヨイチサウスとアドマイヤメインが飛ばしてバテて、マイペースで3番手追走のサイレントプライドは最も恵まれた印象を受けました。
勝ったことは評価できますがつけた着差を鵜呑みにすると危ないんじゃないかなと。

エアシェイディ
ここで勝てるならとっくに重賞勝ってます。
サンデー×テーストが延長でくるのは考えづらく、まとまってるのでマイルベストでしょう。

アドマイヤフジ
母父ビーマイゲストで体力はある馬、でも勝負どころでもたつく様に器用さに欠けるタイプ。
広いコース、特に下り坂の惰性でスピードアップできる京都外回りが最も合うと思います。
小回り中山は微妙、ただ直線に急坂がある分ローカル北海道とかよりは良さそう。
延長は苦にしないと思いますが、ペース上がってくれたほうがいいかなと。
地力はナンバーワンじゃないでしょうか。

シルクネクサス
あんまり掴んでいない馬。
小回り非根幹向きでしょうか。
前走+14キロと冬場で体重絞れてないのが微妙。
遠征でプラス体重ならいらないんじゃないかと。

アサカディフィート
中山金杯3年連続出走で1・2・1着とコース適性は抜群。
ただ臨戦は過去3年に比べて最も悪く感じます。
前走追い込み接戦勝利でストレス抱えてますしノーショックですから。

フサイチホウオー
ジャンポケ×サンデーでS強そうなタイプ。
なので広いコースより小回り中山の方がやっぱり合いそう。
硬直化してる可能性が多いにあるので無理使いしないでほしかったんですが・・・。
このまま使い続けるなら今後復活することはないかも。

ヒラボクロイヤル
タニノギムレット産駒は中山の成績良くないらしいです。
ロベルトなので合うと思ってたんですがねぇ。
タニノギムレットの母父カロがLっぽさを与えて東京特化型なのかも。

グラスボンバー
小回り2000は間違いなく合います。
前走ディセンバーSは後ろの馬は物理的に届かない流れでしたし度外視していいレース。
延長も合うので重い印打ちたくなりますが、時計出る高速馬場が残っているなら今回も届かない可能性大。

トウショウナイト
同馬も前走ディセンバーS差し不発組。
2000では短い気もしますが延長は合うでしょう。
それよりプラス体重続きの状態面が気になります。

ブラックタイド
前走ディセンバーS差し不発組が続きます。
サンデー×リファールの量不足気味C系で中山1800がベストっぽい印象。
でも前年3着馬ですし走れない訳ではない感じ。
叩き2戦目のフレッシュさで悪いリズムをどこまでカバーできるか。

メイショウレガーロ
C系マンハッタンカフェ。
サンデー系があんまりこないレースですがマンハッタンカフェはスタミナある欧州系なのでその辺は大丈夫じゃないかと。
同馬は母系がアメリカンっぽいですが・・・。
古馬重賞初挑戦で今年のマンネリっぽいメンバー構成の中では鮮度ナンバーワン。
休み明けから走れる状態と判断したなら狙ってもいいんじゃないかと。

ヤマニンアラバスタ
愛知杯で引退じゃなかったんでしょうか・・・。
グレイソヴリンの同系配合でいかにも東京新潟という印象が強いです。

トウショウヴォイス
新潟記念では鮮度あったし上がりの脚を活かせる舞台だと思ったので本命にしましたが、鮮度なくなってきた今はどうでしょうか。
新潟記念時よりタイミングが良いとは思えません。

センカク
S主導マーベラスサンデー。
中日新聞杯取り消しからしっかり間隔開けて金杯に狙い絞ってきたのは好感もてます。
重賞レベルまでいかない感じはしてますが、芝2000は妙に安定感あります。
3着までなら。

タイキヴァンベール
約3年ぶりの芝。
芝では500万も勝てなかった馬ですからねぇ、その辺どうなんでしょうか。

カオリノーブル
こちらは初芝。
初芝で重賞はどうなんだという感じですがペンタイアは芝重賞勝ち馬何頭も出してますし、母父ネヴァーベンド系は小回り中山は適性あります。
中山金杯勝ったクラフトワークと同じペンタイア×ネヴァーベンド系という配合ですから一発あるかもしれません。
近2走内で条件戦使っていたのはこの馬だけです。

16頭全部見ていくとやっぱり疲れますね。
全部見たけどコレ!っていう馬いないし(笑)。
[PR]
by ms-labo | 2008-01-03 20:11 | 展望
<< 京都金杯展望 あけましておめでとうございます >>