中山金杯予想

非常に難解。
本当はこんなレース買わない方がいいんでしょうけどせっかくブログ始めたばかりだし予想しないと怒られる(笑)。

とりあえずエアシェイディは消し。
サンデー×テーストのまとまりタイプだからやっぱり短いとこの方が合ってます。
基本的に非力なタイプが多いので自分の持っている力以上のものを引き出して走るタイプではなく、今まで重賞勝てなかったんですからそこまでのポテンシャルしかなかったということ。
2、3着にはくるかもしれないですが人気背負ってるのにわざわざ買いたくなりません。

サイレントプライドも消します。
こっちはあっさり勝つ可能性もありますが・・・。
やはり前走の展開は恵まれたもの、調教師もそうコメントしてましたし。
OP特別であれだけ圧勝したのですから肉体レベルは重賞級のポテンシャルを示したと思います。
ただ気持ちが前向きなフレンチデピュティですから、休み明けのフレッシュな状態で全力を出しすぎてしまった懸念が残ります。
間違いなく疲労はあるはず。
あの競馬で疲労がないなら肉体レベルはもっと高い次元にあるはずで既に重賞勝っていてもいいんじゃないかなと。
ダウン志向強そうなのも気になります。

で、本命は◎グラスボンバーにします。
前走芝1800で速い上がりを使って凡走した馬の巻き返しはこのレースでよくくる穴パターン。
前々走芝2000好走→前走芝1800差し不発というバウンド延長は昨年のアサカデフィートとほぼ同じローテです。
展望にも書きましたが前走は後方の馬は物理的に届かせるのが厳しいレースで1.2秒差負けも気にしません。
重賞でも何度も好走している小回り2000という得意の舞台ならば巻き返し可能でしょう。
重賞勝ちがない馬が人気になるので、重賞勝っているのも強みになると思います。
あとは高速決着にならないでくれれば・・・。

対抗は○カオリノーブル
ド人気薄ですがペンタイア×ネヴァーベンド系という血統は芝向きですし、同じ血統構成のクラフトワークがこのレース勝っています。
今年は条件戦からのローテの馬がおらず、全体的に鮮度がないメンバー構成。
ダートからの異端路線は効果的じゃないかと。

あとは地力はトップでも小回り中山2000では乗り方が難しいアドマイヤフジを単穴に。

あとは鮮度あるメイショウレガーロとサンデー×リファールで中山合うブラックタイドで。
ブラックタイドにはニュービギニング@クリスマスC4着止まりの借りも返してほしい(笑)。

ということで京都の方は堅そうなのでこっちは大穴狙ってみます。
[PR]
by ms-labo | 2008-01-05 00:42 | 予想
<< 京都金杯予想 京都金杯展望 >>