京都金杯予想

オースミダイドウが1枠1番。
この枠に入ったら逃げざるを得ないでしょう。
かかる馬ですしS系和田が乗るなら無理に押さえずに緩んだペースにはならないはず。

◎キンシャサノキセキ
南半球産で成長は半年遅れ。
5歳の冬は4歳夏に当たり、これからサラブレッドとして最も充実している時期を迎えるでしょう。
この馬の掛かり癖は有名ですが、前走キャピタルSではHペースで掛かりながらも直線では追い出しを我慢して東京マイルベストのエアシェイディに完勝。
まだまだ精神面に不安はありますが、肉体にやっとおいついてきた感じはします。
前向きな気持ちを持っている馬なのでアップは向きますしオースミダイドウがペースを作ってくれそうなのでここは好走してくる、いや勝ってくれると思います。

○クランエンブレム
▲アドマイヤオーラ
△ディアデラノビア

馬単流しで。
[PR]
by ms-labo | 2008-01-05 01:06 | 予想
<< 初富士S予想 中山金杯予想 >>