ガーネットS予想

外枠に逃げ先行馬が固まりました。
中山ダ1200は芝の下り坂スタートでテンが速くなりやすく、しかも外枠は芝を走れる距離が長いのでHペースが予想されます。
フルゲートですし内枠の馬は逃げるか追い込むかしないと詰まって厳しいと思います。

◎ワキノカイザー
捲りバテ後の短縮と布石打ってきました。
連闘も予定通りらしく、音無マジックが炸裂するかもしれません。
準OP・OPで0.3差勝利経験あるならここでも力は通用するはず。
連続好走できないタイプだと思われるので前走凡走は逆に好感もてます。
8歳ですがトップクラスではまだあまり戦っておらず、鮮度も十分保有しています。

○マイネルアルビオン
初ダートですがこのレースは芝血統が走っているので問題ないでしょう。
外枠発走で芝の部分長く走れますし、そこでスピードはつけられます。
ここで54キロはさすがに恵まれた感があります。

▲トウショウギア
中山ハンデ重賞の勝春。
前走59キロで上がり最速35.1という末脚は評価せざるを得ません。
今回はプリサイスマシーンがいるので前走よりハンデが減るのもいいです。
他に逃げ馬がいるので今回は控えるかたちになると思いますがその方が展開向くのではないでしょうか。

馬連ワイドBOX。
[PR]
by ms-labo | 2008-01-13 12:03 | 予想
<< シンザン記念回顧 シンザン記念予想 >>