日経新春杯予想

◎アドマイヤジュピタ
このメンバーなら力が違うでしょう。
1600万条件の馬が2番人気になってるくらいですし、3番人気もOP未勝利ですから。
雨降ってくれれば単不動だったんですが、どうやら降らない様子。
展望で書きましたが、ローテ的には重賞勝ったあとの休み明けハンデ戦ということで悪いのは間違いないです。
でも負けても連は外さないんじゃないかなぁ。
非根幹向きとかハンデ3キロ増とかありますが、データブレイクで勝ったアルゼンチン共和国杯は強かったです。
芝に限ると生涯複勝圏節目キープですし、ここで崩れるとも思えません。

○メトロシュタイン
前走万葉Sでは本命にしましたが、ちょっと物色されちゃいましたね。
1000万条件で5番人気の馬がOPで4番人気でしたからね。
その万葉Sは完全にキレ負け。
上がり35秒近辺で条件戦勝ちあがってきた馬が、上がり最速33.9&レースの上がり34.7ではきつかったです。
日経新春杯の過去5年のレースの上がりは、35.6・36.3・34.1・35.1・35.2。
10頭立ての少頭数で隊列が決まりやすくテン37.4のどスローになった2005年を抜かすと35秒以上かかっています。
今回は頭数揃いましたし2005年の様なスローはありえないかと。
なら少なくとも前走負けた相手には逆転できる可能性は多いにありえます。
0.2秒しか負けてないですし、今回は主流路線敗退で先行馬なのに物色逃れが起こりますしね。
あと、このレースは近走条件戦で好走していた馬がよくくるように鮮度とリズムが重要になってます。
昨年10月以降条件戦複勝圏経験馬は◎と○のみです。
本命にしたかったですが、◎が強いのでしょうがない。

▲グロリアスウィーク
前走唯一の1600万条件組。
前走の位置取り8-5-7-4とちぐはぐだった感じは否めません。
格上げ挑戦してくるくらいの方がこのレースには向くんじゃないかなぁと。

◎単勝と馬連ワイド流し。
[PR]
by ms-labo | 2008-01-20 11:33 | 予想
<< 京成杯予想 京成杯と日経新春杯の展望 >>