東京新聞杯の予想

晴れました。
展望で書いたように1400でも走れそうな馬やこのレース相性いいサンデー系、瞬発力が求められるので33秒台の上がりで勝利好走経験ある馬を重視してみました。

◎コイウタ
東京マイル特注フジキセキ。
実際東京マイルは2.0.0.1、VマイルとクイーンCの重賞2勝してますし、8着に負けた富士SもスプリンターズSで仕上げた後の根幹延長とかなり厳しい条件で0.3差なら評価に値すると思います。
東京マイルは後ろから凄い脚で突っ込んでくる馬が多い印象ですが、東京新聞杯が追い込み同士の決着となったのは昨年くらいもの。
基本はやはり好位から速い上がりを使える馬でしょう。
過去のこのレース好走馬を見るとイースター・キネティクス・ウインラディウス・キスミーテンダー・アドマイヤコジーンとマイル未満の距離で好走できる馬が穴で突っ込んでくる印象が強いです。
今年のA組3頭カンパニー・サイレントプライド・エイシンデピュティはそういう感じではないので、今年はここがキモになってくるんじゃないかなと考えてます。
母父ドクターデヴィアスで量があるタイプなので休み明けは悪くないでしょう、変に使いこんでるよりいいです。
内枠もさっと好位につけれる同馬にはプラス。
気がつけば先週批判した松岡にまた本命(笑)。
まぁ松岡は人気馬に乗って勝つというより、穴馬持ってくるというイメージの方が強いですからね。

○マイケルバローズ
母父ロイヤルアカデミーでまとまっているタイプでしょうか。
重賞で好走できるポテンシャル付いてきましたし、速い上がり出せるスプリント色の馬。
近走は急坂以外では複勝圏節目キープしてますからここも好走してくる可能性充分。
休み明け自体は成績悪いですがタイキシャトルなので本来は得意な部類のはずですし、開幕週のスピード競馬も同産駒には向くはず。
多頭数根幹マイルの人気薄のまとまり系で一発。

▲リザーブカード
近走は後方からの競馬にならなければ安定した成績。
非短縮なら後ろからにはならないと踏んで重めの印。
速い上がり使えますしスプリント系のバクシンオー産駒。
サクラバクシンオーに東京マイルのイメージがないのは不安ではありますが。
A→B→D節目割り。

△エイシンデピュティ
A組から押さえるなら同馬でしょうか。
バテない前走はかなり強い内容で今後も重賞で勝ち負けできる器。
ただ切れる脚が求められてしまうこのレースだと評価下げざるを得ないという感じ。
でも地力で何とかしてしまう可能性は否めません。

△アポロノサトリ
開幕週・休み明け・延長外枠・芝血統コジーン。
スプリント系で突っ込んでくる可能性あるかも。

△フジサイレンス
一昨年の勝ち馬(その節はお世話になりました)。
その時コンビを組んだ穴の江田照が久しぶりに騎乗。
苦手な延長から同距離というローテは悪くないですし、前々走0.3差5着・前走位置取り前の方へ行けたということで復調気配も感じられます。

◎単複と馬連ワイド流しで。
[PR]
by ms-labo | 2008-02-02 12:40 | 予想
<< 2/2(土)3歳戦の予想 東京新聞杯展望ってほどでもない >>