京都牝馬S一点的中!先週の回顧。

東京新聞杯・根岸S、東京両重賞でスペシャル発動した蛯名は神(笑)。

まず京都牝馬S

1着◎アドマイヤキッス
2着○ザレマ
3着-キストゥヘヴン
4着-ブルーメンブラット
5着-ローブデコルテ

◎○一点勝負で単複馬単ワイド的中!
レースの流れもほぼ想定通りでこれはかなり会心、今年はもうこれ以上完璧に当てれる自信がありません(笑)。
最後の直線で後ろからの馬に差されるかなと一瞬思いましたが終わってみればアドマイヤキッスが上がり最速。
アドマイヤキッスが強いんじゃなくて他の馬が弱いんじゃないかなぁと感じました。
ザレマに○を打ったのもザレマがとりわけ良いなぁと思ったのではなく、他の馬にそれほどそそられる馬がいなかったから。
カタマチボタンがいいかなぁと最初は思いましたが、調教師の指示で今回は差しにまわるというコメントがありこりゃだめだなと。
予想に書いたように基本は先行粘りこみが有利ですからね、キストゥヘヴンが人気薄で差してきましたが今後もこういう馬を狙うより先行で力を発揮できる馬を選んだ方がいいです。
というか私は点数増やして三連単とか三連複とか買うタイプじゃないのでこういう狙い方をしてます。
三連系の馬券を買う方はこういう馬もヒモに拾っていかなきゃいけないので大変ですね。

続いて根岸S

1着-ワイルドワンダー
2着◎タイセイアトム
3着-アドマイヤスバル
4着-トーセンブライト
5着-カフェオリンポス

連チャン期突入タイセイアトムが2着ゲット。
前走ガーネットSは無印にしていましたが今回は本命。
基本姿勢としてS系は走ったらすぐ追っかける、そしてリズムに陰りが出たらすぐ切る。
こういうリズムが馬券買う側としてはいいかなと思います。
バクシンオー産駒は何気に重賞初挑戦でコケますから、そこ走ってきたら評価せざるを得ないなと。
今回は2着死守しましたが、馬場の恩恵も大きかったと思うので次からは切る方向で考えようかなと。

東京新聞杯

1着-ローレルゲレイロ
2着-リキッドノーツ
3着-タマモサポート
4着-カンパニー
5着-ハイアーゲーム

大外ししたから言う訳ではありませんが、非常によくわからない決着。
まぁとりあえず33秒台が出る馬場でも開幕週では前の馬も止まりにくく差し差し決着にはなりづらいということは覚えておきたいです。
4角ではローレルゲレイロのセーフティーリードの様に見えましたが、あの位置から僅差まで詰めたリキッドノーツは評価できるんじゃないかなと。
あとは13着フジサイレンスまで0.8秒差しかありませんから、ここ負けた馬が着順にだまされて次走以降人気薄になる可能性高いので注意しましょう。

あとファリダットがつばき賞で3着敗退。
道中かなり掛かっていたものの、直線での伸びがかなり物足りなかったですね。
チョウサンデイあたりといい勝負している様では今後厳しそう。
このレースはシンボリクリスエス産駒のワンツーでしたが勝ったのは人気ない方の牝馬。
この血統はちょっとズブいので牝馬に出たほうが軽さがあるのでいいですね、ナリタブライアンと似たイメージです。
ナリタブライアンも代表産駒はブライアンズレター・ダブルネームなどの牝馬でしたからね、それでもズブい感じでしたけど。
[PR]
by ms-labo | 2008-02-06 21:49 | 回顧
<< 君が勝つまで 根岸S予想 >>