いまさら共同通信杯の展望(笑)

そろそろこの辺でレースレベルとか把握しとかないとトライアルに間に合わなくなってしまいそうなので共同通信杯有力馬の前走とか見てみました。

ラジオNIKKEI杯2歳S

改めて見てもサダムイダテンの末脚は凄いですね(笑)。
ポテンシャルはかなりありそう。
でもスローペースだからこそあの上がりを使えたのかもしれない、東京は雪積もってるしね、1番人気の追い込み馬?
とか色々考えると本命は打ちにくい。
他に良い馬いなければしょうがないけど、飛ぶの期待しつつ押さえるのがベターかなという印象。
サブジェクトは展開恵まれた感ありますが前で競馬できるのは強み。
萩Sと朝日杯FSはしっかりとした敗因があるので気にしなくていいと思いますが、トライアルまでのセカンドクラスフジキセキという印象。
ここなら通用しちゃってもおかしくないかな。

中京2歳S

武豊ノットアローンが大逃げしたレースと記憶してましたが改めて見るとそんなに大逃げしてる訳でもなかったです。
でも4角でほぼセーフティリード取ってましたからねぇ、それでホッカイカンティに差されシンザン記念不発組に詰め寄られてましたからやっぱりそんな強くなさそう。
少なくともホッカイカンティ>ノットアローンは確定じゃないかなと。
個人的にはオーロマイスターが最も強く感じたレース。

ジュニアC

そのオーロマイスターが2着したレースで勝ったのがスマートファルコン。
かなりHペースで展開が向いた感じありますが、初芝で2位の馬より1.3秒も速い上がり34.4は脅威。
ゴールドアリュール産駒はLっぽい感じで広いコース向きな印象、東京替わりもいいのかもしれません。
ただやはり破壊力見せた後の反動は心配なところ。

若竹賞

これですな。
ショウナンアルバ強いんじゃないの?
出脚よくなかったのに大外枠からぶっ飛ばしてテン35.1。
スタートしてすぐ上り坂コーナーの中山1800でこのテンは速いです、イメージとしてはローエングリンの逃げ。
まぁ中盤緩んだので全体時計はかかってますがミスプロらしく坂を駆け上がるパワーと地脚の速さはかなりあるなと。
上がり36.7でかなりかかってますが、直線向くまで追い出してないからですねこれ。
逆に言うと後続に詰め寄られても直線だけで突き放す自信あったんでしょう。
新潟の未勝利戦も見ましたがこちらも直線半ばまで追わずに先頭にくらいついてました。
ちなみにこの未勝利戦でドリームシグナルに先着してました、どおりで見たことあるレースだと思った訳です(笑)。

重賞組との力関係はまだわかりにくいところがありますが、◎ショウナンアルバは確定かな。
あとは当日の馬場状況とオッズを見ながら予想を決めます。
[PR]
by ms-labo | 2008-02-10 01:16 | 展望
<< シルクロードS予想 小倉大賞典予想 >>