共同通信杯の予想とその他のレースも

共同通信杯

展望でほぼ書いてしまったのでまずそちらをご覧ください。
馬場状況見てから買おうと思ってましたが月曜日は仕事なのでそういうことはできなくなってしまいました。
湿ったあとですから前有利前提でいこうと思います。

◎ショウナンアルバ
展望で書いたように前走が秀逸。
しかもこれ休み明けプラス20キロでした競馬ですからね。
ウォーエンブレム産駒で中山から東京への軽い方のベクトルはプラスじゃないでしょうか。
後ろに強い馬がいるので前にいる同馬へのマークは甘くなるはず。

○イイデケンシン
芝適性に疑問符ついている様ですが、ダートで走ったのは逃げたという要因が強いのかも。
となれば芝適性は関係なく、ここでも走る可能性あります。
逃げ馬で物色されないのはかなり好材料ですし、同じく逃げ勝ったローレルゲレイロの昆-藤田ライン。

▲サブジェクト
前有利なら。
ラジオNIKKEI杯以外はしっかりした敗因ありますからね。
前走がフロック視されるならもう一発あってもいいでしょう。

△サダムイダテン
ラジオNIKKEI杯で見せたポテンシャルを考えると押さえざるを得ない。
ただ何回も書きますがペースが上がってあの末脚を使えるかはやってみないとわかりません。
差し節目の1勝馬、しかもフォーティーナイナー産駒では本命にするのにはかなり自信がいります(笑)。

△ホッカイカンティ
先行脚質。
中京2歳Sは世間が思うほど評価してませんが、相手もそんなに強くなく。

◎単複、◎馬連流し。
オッズ見て◎頭の馬単も買うかも。

京都メイン山城S

◎タッチザピーク
出馬投票やり直しで出走。
外枠も引いて運を感じます。
布石は特にないバウンド短縮ですが、単純に今の京都はそれがはまりそう。
単複。

東京10R雲雀S

前にも書きましたが東京1400はコース形態からスローの上がり勝負になりやすいです。
なのでコース巧者がそのまま走るケースが多いです。

◎ハネダテンシ
2走前、同コースをA組人気で勝利。
自身が34秒台の末脚で連勝し前走35秒台は敗退。
ハンデも減り2連勝した蛯名戻りで狙いどころ。

○アドマイヤカリブ
速い上がり出せるバクシンオー。
コース実績もあり崩れるところは想像しにくいタイプ。
でも人気。

▲ウインディグニティ
穴ならこの馬でしょうか。
速い上がり出せる馬。

◎単複と◎○を厚めにワイドBOX。

東京9R立春賞

有馬記念7着のレゴラスが出走。
自己条件で堅いだろうと思われるもハンデ戦で斤量も背負わされベタにコケる場面ではないでしょうか。

◎スーパーキャノン
先生は条件戦がよく似合う(いい意味で)。
レゴラスからこちらに乗り代わり、節目割りそうですしマイペース逃げが見られそう。
3勝全てが東京のサウスポー。
単複。
[PR]
by ms-labo | 2008-02-11 01:55 | 予想
<< 共同通信杯回顧 2/10重賞以外のレース >>