きさらぎ賞予想

ブラックシェル本命でいいような気配がぷんぷんしますが、共同通信杯はレースしっかり見て当てれたのできさらぎ賞もレースみた印象で買ってみます。

◎アルカザン
ダンスインザダーク×リボー系で追って長い脚を使えるタイプじゃないかなと。
前走京都2歳Sはスローの京都内周りの瞬発力勝負で、血統イメージからはここ走る感じはしません。
実際エンジン掛かるの遅かったですしそれであの末脚を使えたならポテンシャルが高いんじゃないかなと。
まぁダノンイサオが相手だから勝てたのかもしれませんが。
どちらにせよ外回り替わりは向くと思います。
馬場が荒れているのも瞬発力勝負になりにくくプラス。
新馬戦では前詰まったり寄られたりしながらも勝ってますから、ただの少頭数スローで勝ちあがってきた馬と思われたくないです。

○ブラックシェル
特に切る理由なし。
クロフネ産駒ですしリズムが続いている間は下手に逆らわないほうが吉。
小回り中山ホープフルSで外回って体力証明もあります。

▲メイショウクオリア
共同通信杯で不甲斐なかったラジオNIKKEI杯物色逃れ(笑)。
そのラジオNIKKEI杯では先行していたものの4角でサブジェクトに抜かれて差をつけられ、それでも直線盛り返した勝負根性は目を見張ります。
まだ大崩れしていませんし伸びしろはあるでしょう。
鮮度大事なマンハッタンカフェ産駒できっちり間隔開けてきたのはプラス。

◎単複と馬連BOX。
[PR]
by ms-labo | 2008-02-17 12:42 | 予想
<< ウマニティ ダイヤモンドS予想 >>