京都記念とクイーンCの予想

今週はすんなり予想が決まりました。
まぁだからと言って当たるか当たらないかはまた別の話ですが(笑)。

京都記念

◎ドリームパスポート
得意な平坦京都替わりなら本命にしない訳にはいきません。
春天狙うにはここは勝たないと厳しいと思います。
AJCCは3角でトウショウナイトと接触して掛かり、早め先頭の競馬で失速。
まぁ結果としてはバテて凡走したということでダメージは残りにくい競馬になりました。
松岡に京都というイメージありませんがここはある程度ためていくでしょう。
京都2200ならそういう競馬が合うはずですし、母父トニービンからも京都外回りは合います。

○ウオッカ
父ロベルト系のタニノギムレットですが、タニノギムレットの母父がクリスタルパレス=カロの系統。
タニノギムレット産駒が中山走れないとか言われてたのはこの影響が強いんじゃないかなぁと。
ウオッカに関しては母系もナスルーラ×ナスルーラでやはり広いコースが向く印象です。
混合戦でどうなのかという疑問はありますが、この舞台なら勝ってもおかしくないでしょう。

▲アドマイヤフジ
不器用なところがあるので三角から下り坂の京都外回りはベストなコース。
前走を見てもわかる様にG3で押し切れる体力があるので大崩れはしないでしょう。
ただG2では何かに差されそう。

単複と馬連流し、三連複も少し買ってみます。

クイーンC

リトルアマポーラは前走京成杯でも内容のある競馬。
ただ今回はそこまで速いペースにならなそうで短縮がはまるかは微妙なところ。
堅実に差してくるとは思いますが頭はないんじゃないかなぁと。
圧倒的1番人気の幸四郎というのも不安(笑)。
幸四郎は嫌いじゃないですが穴でこそじゃないでしょうか。

◎デヴェロッペ
ボストンハーバー産駒は短縮特注。
にも関わらず前走は1200→1600の根幹延長を克服、これだけでポテンシャル感じます。
前走菜の花賞は逃げ先行馬が上位を占めたレースでしたが、そこそこ速いペースで逃げて上がり3位の脚で突き放したのは地力を感じます。
母系がブラッシングルームにサドラーズウェルズで体力感じさせる血統で、バテにくい脚を使える逃げ馬じゃないでしょうか。
ここもなんだかんだで逃げ粘ってしまう可能性が強いのではないかと。

○リトルアマポーラ
まぁしょうがない。

▲マイネブリッツ
ききょうSが強い内容。
それで前走・前々走と本命にして不可解な負け方しましたが、休養挟んでいい方に行けば。

△マルターズオリジン
△スワンキーポーチ
△ライムキャンディ

◎単複とワイド流し、◎○の馬連。
[PR]
by ms-labo | 2008-02-23 09:29 | 予想
<< フェブラリーS予想 ウマニティ >>