フェブラリーS予想

本日は現地観戦。
楽しんできます。

有力どころが差し脚質だったりマイルが短い馬だったりで、後ろから行く馬が多そうなレース。
いくら差し有利なデータが出ていても、そうそう差し馬のワンツースリーにはなるものではないかなと。
ということで先行馬を選びたく、当初はデアリングハート本命を考えていたのですがどうやらここが引退レース。
これからすぐ繁殖に入ることを考えると無理に仕上げてこないでしょうし、レース中も無理強いはしないはず。
で、気になっていた別の馬を。





◎フジノウェーブ
JBCスプリントを地方馬で初制覇した馬。
近走は後方の位置取りから競馬していることが多いですが、これは出遅れなどがあってのもので本来はJBCの様に好位からの馬。
陣営のコメントでも好位からの競馬を示唆しており、マイルへの延長なら楽に位置取りショックをかけられるでしょう。
距離もマイル7戦5勝と十分守備範囲。
父ブラックタイアフェアはミスワキの系統で以前10連勝していることからもSが豊富なのは確か。
休み明けでJBC勝ってますしね、今回もその辺は心配ないでしょう。
10連勝の後も好走しており連チャン期が終わって抜け殻になった可能性も少ないと。
母系がターントゥ×ターントゥなので中央向きのスピードも秘めている可能性高いです。
相手は強いですが物理的にロス少ないインで脚を貯めて爆発してほしいものです。

とりあえず複勝。
様子見てワイドなども買うかも。
[PR]
by ms-labo | 2008-02-24 11:47 | 予想
<< フェブラリーSオフレポその1 京都記念とクイーンCの予想 >>