フェブラリーSオフレポその6

ラップギア理論とは岡村氏の理論でラップの中でもその増減に着目した理論です。
ペースとか上がりタイムとかに惑わされずに、瞬発力を測る予想理論と言えばいいかも。
まぁ私は詳しく知らないのでたまバスさんに教わる立場でした(笑)。
でも結構すんなり理解できました。
もともとコースによってここから加速するとかここはペース上げづらいとか、そういうのは結構イメージで捕らえながら予想に活かしていたので。
どっちが優れているとかではないですが半笑いさんの中盤ラップ理論よりはわかりやすいし、私に合っているかなと感じました。
瞬発・平坦・消耗というキーワードが出てきますが、その言葉に対する思いこんだイメージを捨てればしっくりくるんじゃないでしょうか。
ちなみにダイワスカーレットは瞬発型。
増田さんはちょっとしっくりきてませんでしたが私は瞬発型で間違いないと思ってました。
ため逃げが瞬発で暴走逃げが平坦と考えておけばまぁ間違いないでしょう、たぶん。

さて東京10の検討。
東京は瞬発戦になりやすい、人気馬はみんな瞬発型だから荒れないだろうとたまバスさん。
それでも穴を探すみんな(笑)。
前走瞬発戦で勝ってるし穴ならケイアイケイマンがいいんじゃないですか?とたまバスさん。
接戦アップのダンスインザダークでここは2走ボケでこない場面だ、ビッグベアシチーが前走瞬発戦で人気薄4着好走してますしバウンド延長でいいんじゃないかと反論。
瞬発戦になったから4着止まりだったんじゃないですか?と再反論され、なるほどなぁと。
でもケイアイケイマンはない、母父ダマスカスだし軽い東京は辛いでしょと再々反論。
こういう議論できるオフはいいなぁと必要以上に突っかかってしまいました、たまバスさんすみません(笑)。

私はビッグベアシチー単複、たまバスさんはケイアイケイマンを押しつつも単勝5点買い。
さぁ馬券買おうかというところですぺいしーさんがビッグベアシチー、プラス4キロですよと。
何!連闘・遠征でプラス体重はまずい!
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
よしケンだ(笑)。
無理に買う必要はないでしょと。
そしたら『よく検討しておいて我慢できますね、すごい!』
と増田さんから賞賛の言葉が(笑)。
訳わかんないところでほめられてしまいました、嬉しくないです。

そういえば今日は東京でGIがあるので京都の方が出走が早いんだ、気づけばダートに変わった京都10R発走3分前。
誰も買おうとしてないレースでしたが1人予想していた増田さんに、もう締め切りですよと声をかけます。
そうなんですか!買ってきます!と増田さんダッシュ。
そうなんですかじゃあやめときますとは言いません、当たる可能性を1%でも追い続ける増田さんは素敵です。
結局間に合わなかったみたいですが(笑)。

しかしここから増田さんは一味も二味も違います。
京都10R当たった!と増田さん。
は?
間に合わなかったんじゃないの?
『いや、自宅でPATで買っておいたのが当たりました。』
なんでPATで買って、現地でも買うんでしょうか。
しかも芝だと思って買ったのが当たってたらしいです。

さすがです。
常人には真似できません。
ネタに困りません。

なんだかんだで東京10Rも終わり。
たまバスさんが単勝5点買いの内の1つペガサスファイトを当ててご満悦。
ケイアイケイマンであんなに議論したのは何だったんでしょう(笑)。
すぺいしーさんはトーセンクラウン本命でクビ差で三連複を逃し悶絶していました。

さてそろそろメインレース。
レースが見やすい場所へ移動します。
[PR]
by ms-labo | 2008-03-02 16:58 | その他
<< フェブラリーSオフレポその7 3/2重賞以外の予想 >>