フェブラリーSオフレポその7

各人のフェブラリーSの本命を整理しておくと、

すぺいしー…フィールドルージュ
たまバス…フィールドルージュ
ぶぎー…ヴァーミリアン
増田…ヴィクトリー
もんた…フジノウェーブ

とこんな感じ。

ということでゴール前に移動。
さすがにGIだけあって混んできてます。
もちろん立ち見。
馬場の目の前までは到底行けず、見やすそうなスタンドの前辺りに陣取ります。
たまバスさんの後ろの方にいたおじさんはさぞ見えにくかったでしょう、ここで私が代わりに謝っておきます、ごめんなさい。




いよいよ発走です。
本命のフジノウェーブは最内枠の芦毛馬。
ビジュアル的に遠くからでも見つけやすいんですよねーなどと言いながら早くもスタート。
フジノウェーブ、まぁまぁいいスタート。
よしそのまま前につけてろよ…、あれ、ずんずん下がってく…。
騎手は追っている様で意図的に下げた訳ではなさそう。
向こう正面から3角までにどんどん下がって後方に。
だめだこりゃ。
可能性としてはありましたが中央のダートが全く合っていない様です。
ここまでダメならきっぱり諦めがつきます。
言い訳じゃなく悔しくありません。

と、馬群が3角にかかった辺りで1頭競争中止のアナウンス。
ずるずる下がってたからフジノウェーブか?と思いきやフィールドルージュでした。
後から聞いた話ではスタートで躓いたとのこと。

これは間違いなく本命にしたOTZMAさんのスタンドです。
さすがです。
現地にこなくてもネタを提供してくれます。
これは遠隔型のスタンドですね。
OTZMA・スタート・アタックと命名しましょう。

レースも終盤に差し掛かります。
[PR]
by ms-labo | 2008-03-03 22:09 | その他
<< フェブラリーSオフレポその8 フェブラリーSオフレポその6 >>