血統別ラップギア ステイゴールド

ラップギアの存在を知った時、コースごとの適性と血統ごとの適性を一覧化できれば役立つかなぁと思いました。
その後ラップギアの単行本を買い、コースごとの適性は掲載されていたので血統は自分でまとめようかなと。
ということで今後もやり続けるかはわからないけどとりああえずデータまとめてみよう、と集計用のエクセルシートを30分でちゃちゃっと作りました。
最初に選ぶ種牡馬は、あまり産駒数が多いと集計大変ですしかといって2,3歳馬しかいない種牡馬だと古馬になっての傾向が掴みづらいということでステイゴールドにしました。

ということで集計結果。
順に瞬発戦・平坦戦・消耗戦の連対数です(芝レースのみ)。

東京 13.3.0
中山 6.7.4
阪神 16.5.1
京都 15.9.2
札幌 1.0.0
函館 2.1.1
福島 2.10.3
新潟 12.1.1
中京 9.9.0
小倉 3.3.10

総計 79.48.22

やや瞬発戦よりでしょうか。
札幌函館の総連対数が少ないですからね、洋芝よりは時計が出る野芝の方が合うのでしょう。
それとディクタスのイメージで急坂苦手な印象だったんですがこれは偏見でしたね。
確かにディクタスが得意そうな京都での総連対数が最も多いんですが、条件別に見ると一番多いのが急坂阪神の瞬発戦でした。
福島平坦戦も連対数多いですね、福島はアップダウンが激しく最後の根性というか底力が求められる感じなんですよ、その辺が瞬発力重視でも急坂こなすポイントなのかも。

んーこのデータからではこれくらいしか読み取れない感じかな・・・。

馬別に見るとドリームジャーニー4.0.0・パーフェクトジョイ6.1.0の瞬発戦特化型とソリッドプラチナム3.3.0・サンライズマックス2.3.0の両用型がいるのがわかります、平坦戦特化型はあまりいませんね。
とりあえずこの2タイプのどちらかか判別して考えるといいかもしれません。

とりあえずこれでステイゴールド編は終了。
集計はアナログに手打ちでやってます、結構大変。
反響がよければ別の種牡馬もやるかもしれないしやらないかもしれません(笑)。

あともし欲しい人がいれば集計用のエクセルシート差し上げますので連絡ください。
[PR]
by ms-labo | 2008-03-11 21:57 | ラップギア
<< 血統別ラップギア クロフネ フェブラリーSオフレポその10 >>