中山牝馬S予想

◎タイキマドレーヌ
このレースは近年は京都牝馬S組が上位を占めていますが、牡馬混合戦からの臨戦の馬もよくきていました。
03年14番人気2着テンエイウイング(前走ダイヤモンドS13着)、04年9番人気1着オースミコスモ(前走小倉大賞典2着)、04年6番人気2着ハッピーパス(前走中山記念8着)など。
タイキマドレーヌ陣営も前走京都記念はここへの叩き台と明言していますし、適距離より長い2200を敢えて使ったことは苦→楽を意図的に狙っているのでしょう。
ブライアンズタイム×カーリアンと言えばトレジャー。
トレジャーは中山得意でしたし同血統のタイキマドレーヌもここに適性があっておかしくないです。
2走前のターコイズSは凡走しましたが、これは夏から使い詰めでGIエリザベス女王杯を使ってさらに中2週という疲労でもうどうにもならなかったローテ。
血統的にも疲労に強いタイプとは言えないのでターコイズSは仕方ない負けだったでしょう。
そこから間隔開けて叩き2戦目のここは走りごろです。
府中牝馬Sでは連勝リズムというアドバンテージがあったものの、アドマイヤキッスと0.1秒差・ディアデラノビアとタイム差なしの5着ですから能力もここでそれほど劣るとは思えません。

○レインダンス
ここでは能力上位。

▲ニシノマナムスメ
前走が強い内容。
ここも適性合わなさそうですが押さえ。

◎単複とワイド流し。

キストゥヘヴンはおそらく揉まれ弱い。
外枠か馬群がばらける重馬場で。

イクスキューズは休み明け外枠で、距離ギリギリの1800では体力負けしそう。
[PR]
by ms-labo | 2008-03-16 11:07 | 予想
<< フィリーズレビュー予想 アネモネSとファルコンSの予想 >>