スプリングS予想

フラワーC、見事にタテ目!(笑)

まぁそれは置いといてスプリングS。
1頭強い馬がいますが本番へ向けて押さえる競馬をすると明言。
共同通信杯も良い内容でしたがショウナンアルバの本領は若竹賞の様にテン35秒のHペースで飛ばしながらも最後さらに加速できるところ。
なのでその瞬発力を活かせるのは単純に逃げること、後続との差をつけておいたほうが物理的に有利になるんです。
押さえるとそれだけ4角での後続との差は小さくなりますからね。

本レースで押さえる競馬をするとしても蛯名は勝ちにくる騎手。
ショウナンアルバが前の馬を捕まえられない展開というのは想像しにくいです。

ショウナンアルバに勝てるのは

1.4角で射程圏に捕らえられる馬・騎手
2.ショウナンアルバより末脚が勝る馬

この2点を備える馬。

直線短い中山ですから4角で3~5馬身以内にはつけておかなければ届きようがありません。
フラワーCでのシングライクバードの様に逃げ馬より1.2秒も速い上がりを使っても届かないのが中山。
勝負どころで前につけられないと厳しい。
そして上がりもメンバー中、3位くらいのタイムは出せないと厳しいでしょう。

2.で残せそうなのは

サダムイダテン
アイティトップ
アルカザン
レインボーペガサス
オーロマイスター
ドリームシグナル
アサクサダンディ
ベンチャーナイン

アルカザンはダンスインザダーク産駒で京都→中山替わりで巻き返せるとは思えず。
アイティトップ・ベンチャーナインも後ろからすぎて中山向きとは思えず。

とりあえずこの3頭は消し。

やはり本命はドリームシグナルに。
重賞1番人気1着の関西馬が節目割りそうな勢い。
C主導だけに人気が落ちるのは前走の疲労ストレスが少ない証明につながり狙い目。
シンザン記念では大外一気という体力証明も果たしており、精神力に肉体が追いついてきています。
折り合いつくタイプですし前走はスピードについていけなかった感じもあるので延長も向くはず。
鞍上吉田隼人も中山では頼れる騎手。
彼の中山芝での騎乗を見ればわかりますが、前と内に結構こだわります。
流れに任せて最後方追走とかはまずやらないタイプの騎手。
余力を削ってでも前と内にこだわる騎乗はマイナスに作用することも多いですが、中山ではそれくらいが丁度いいんです。
内に突っ込める騎手なので内枠が欲しかったですが、すぐ内の2頭が前に行くタイプなのでうまくインにもぐりこんでくれるでしょう。
厩舎コメントも権利取りたいとか面白いとか曖昧なものではなく、勝つという明確な意思表示をしており勝負気配あります。
ここは期待してしまっていいのではないでしょうか。

あとの馬たちは微妙ですねぇ、一長一短に感じます。

アサクサダンディが勝負気配漂っていますし能力も高いと思いますが、フジキセキの急坂・外枠・吉田豊とマイナス要素も。
サダムイダテンはまだ1勝馬の身分で人気落ちなさそう、前走一瞬のキレは見せたので急坂中山替わりはプラスだと思いますが。
レインボーペガサスは前走重賞勝って賞金は足りており、レース間隔から考えてもまだ完全に仕上げてこなさそう。
オーロマイスターはゴールドアリュール産駒で本質的には広いコース向きなのかも。

やはりショウナンアルバが上回るかな。

◎ドリームシグナル
○ショウナンアルバ
▲オーロマイスター
△アサクサダンディ
△レインボーペガサス

◎単勝、◎馬連流し、◎○ワイド、◎○流し三連複。
[PR]
by ms-labo | 2008-03-23 04:01 | 予想
<< 阪神大賞典予想 フラワーC予想 >>