競馬の予備校、春のGI予想10番勝負の指名馬とその理由。【前編】

事前予想ということでまず出走してくることが前提。
牝馬路線なのか混合GIなのかよくわからないウオッカとダイワスカーレットは廃除。
海外帰りのアドマイヤオーラも廃除。
ドバイの結果によってはまた海外に行く可能性もありますしね。
そういった有力馬は事前予想で指名すればいいかなと。

では個別にいきます。



高松宮記念…キンシャサノキセキ

先日の日記に書いた様に走ると単純に思っている馬。
今年は馬場が良さそうで後ろからの馬は届かない恐れがあります。
スズカフェニックスは福永に乗り替わり。
福永は馬の流れに任せあまり位置を取りにいかない騎手なのでコケる可能性高いと見てます。

桜花賞…ポルトフィーノ

最重要ステップのチューリップ賞で最もいい競馬をしたトールポピーが最右翼。
それとポルトフィーノの2強かなと。
指名はどちらでも良かったんですがとりあえず人気薄の方を。
フィリーズレビュー・フラワーC組は基本割引。
割り引いて考えても強い馬じゃないとダメだと昨年のアストンマーチャンで学びました(笑)。

皐月賞&ダービー…ドリームシグナル

スプリングS終了時には心が折れかけましたが(笑)、同じくシンザン記念圧勝でマイラーと思われたアドマイヤオーラ@ダービー3着を思い出しました。
ホクトスルタンの下ですしマイラーってことはないと思うんですよね。
ショウナンアルバのぶっ放しHペースならCが活きそう。
まず間違いなく節目割りますからね。

後編へ続く。
[PR]
by ms-labo | 2008-03-27 20:44 | 予想
<< 競馬の予備校、春のGI予想10... 決戦は日曜日 >>