高松宮記念予想

先日の記事に書いた様に◎キンシャサノキセキは揺るぎません。
枠順も、外過ぎると掛かってしまうし内過ぎると前に壁できてしまう可能性あるのでちょうどいいと思います。
岩田が無理矢理押さえて馬の走る気持ちを削いでしまうことだけが心配。

2番手以降ですが狙おうと思っていたスズカフェニックスとプレミアムボックスが1枠。
土曜中京メインでも手応え抜群だったリッカバクシンオが内枠で詰まって差し損ねていた様に、中京は内が開かないので内枠の差し馬ははっきりマイナスです。
馬群割れないことはない馬達だとは思いますが、中~外の差し馬よりはスムーズに走れない可能性高いです。

で、自然に狙いは前の方の馬へ。




○エムオーウイナー
ニホンピロウイナー×キャロルハウスで平坦1200ベスト。
前走は逃げて楽な競馬をした様に思われがちですが、急坂を克服したところに状態の良さを感じます。
元々昨年3番人気に推されていた馬ですし現時点ではちょっと評価低すぎないかなと。
1200をHペースで好走した実績があるのは同型ローレルゲレイロに勝る部分ですし、人気薄なので気楽に競馬もできます。
陣営もやけに状態がいいのを強調してるのが気になります。

▲ローレルゲレイロ
重賞2連勝してますし実績は確か。
2段階短縮に堪えられるかどうかだけ。
私は一抹の不安を感じたので少し評価下げました。
雨降るとその辺が緩和されるので○と入れ換えていいでしょう。

△スズカフェニックス
△プレミアムボックス
スムーズな競馬できない可能性ありますが他にピンとこないので一応押さえ。

◎単複、行った行った懸念◎○▲ワイドBOX、◎馬連流し。
[PR]
by ms-labo | 2008-03-30 03:19 | 予想
<< 春なのにお別れですね~高松宮記... 日経賞&毎日杯予想 >>