天皇賞・春、軽く展望

想定A組はアサクサキングス・アドマイヤジュピタ・メイショウサムソン。

メイショウサムソンは2走連続の非掲示板節目で過去実績からの思惑。
昨年の春天勝っていますが本質は2000前後がベストだと思っているので、大阪杯2000→春天3200でパフォーマンス上げてくるかは疑問です。

アサクサキングス・アドマイヤジュピタは節目越え。
アサクサキングスは前走大阪杯3着(好走?凡走?)も昨年の菊花賞勝ち馬で長距離適性からの思惑。

アドマイヤジュピタは阪神大賞典圧勝による思惑。

1番自然な思惑はどれでしょうか。
個人的にはアドマイヤジュピタだと思います。
G2圧勝なんてそうそうできないですしね。
まぁでもGI実績ない馬ですし、ステイヤーのフレンチデピュティなんているのか?という思いもあります。

A組馬が総じて長距離適性で物色されすぎという状況であれば、他の長距離適性以外の材料がある穴馬の出番かもしれません。
[PR]
by ms-labo | 2008-04-30 12:18 | 展望
<< 春天アサクサキングス考察 フローラSと橘Sの予想 >>