安田記念の予想

先日書いたように安田記念は瞬発力が活きにくいレース。
無敵種牡馬サンデーサイレンスと相性の悪いレースで、勝ったのは昨年のダイワメジャーだけです。
ダイワメジャーにしてもサンデーサイレンス産駒の本質とはズレた瞬発力に因らないタイプですしね。

ということでスーパーホーネットとウオッカは軽視。
スーパーホーネットは1400ベストの軽いタイプ。
前走の鮮やかな勝ち方を見てもそうでしょう。
軽い京都ならマイルでも走れますが東京ではそうはいかないだろと。
今年のマイルCS最有力候補と思ってますすが今回は厳しいと思います。
ウオッカも前走スローの瞬発力勝負で2着。
勝ち切れそうな手応えで案外伸びずでしたし、ガレている状態で実力を出し切ったあとでは反動も気になります。

◎コンゴウリキシオー
瞬発力とは無縁の4角でどれだけ後続を引き離すかがポイントとなる逃げ馬。
なので減速を余儀なくされるコーナーはなるべく少ない方が良く、2つコーナーの東京マイルはほぼベストと言っていいコース。
近走速いペースで逃げられていないのが本調子ではないのか?という不安もあります。
ただし、速いペースで逃げていないからこそ近走の凡走は全く気になりません。
それを天秤にかけて今回どっちなんだということ。
3角までのペース・隊列で好走できるかどうかはわかると思います、そこまでが勝負。
ダ→芝・逃げられなかった逃げ馬の延長という強烈なショックがあるので期待させていただきます。
当日昼から雨予報というのも、全馬の差し脚が殺がれるので追い風になります。
単騎逃げ濃厚だからと言って溜め逃げなどしないでくださいお願いします。
必殺(ほぼ)連闘計時でもあります。

○エイシンドーバー
内枠に入って先行示唆。
後ろから行く馬が多いのでこれはアドバンテージ。
瞬発力勝負ではキレ負けするので今回はチャンスだと思います。
ほとんどの馬が中2週というローテの中、きっちりここ目標にした感じのローテは好感が持てます。
ヴァイスリージェントの影響が大きい父なので、雨の東京マイルは2割増し。

▲グッドババ
GI含む5連勝中という極上リズム。
昨年は凡走しましたが、1分33秒台で好走歴あるし日本の馬場には十分対応できるレベルだと思います。
ただやっぱり走って見なきゃわからないところがあるのでこの評価で。
頭まで十分あると思います。

△スズカフェニックス
サンデーサイレンス産駒ですがそこまで瞬発力寄りではないと思ってます、少なくともスーパーホーネットやウオッカよりは。
昨年の高松宮記念の速いペースで前に行けたことから判断してるのですが。
前走は勝てたのに落としたレースと鞍上がコメントしているので、単純に後方一気ではなく何か策を弄してくるんじゃないかなと。

△ジョリーダンス
普通牝馬は切れ味勝負の馬が多いのですが、ダンスインザダーク産駒の同馬は牝馬らしからぬ体力勝負好き。
一昨年のVマイルで32.9という鬼脚を使っていますが、そういう速い上がりを出せる流れだと届かないんです。
だから前走スローのVマイルは凡走して当然。
ただ牡馬相手にマイルはやはりきつい条件だと思うので押さえで精一杯かなと。
昨年の阪神Cの様に体力を活かせる1400がベストだと思います。

◎の単勝とワイドBOXで。
[PR]
by ms-labo | 2008-06-08 04:07 | 予想
<< 6/14(土)今日は1つだけ。 ユニコーンSと関ヶ原Sの予想 >>