宝塚記念の予想

宝塚記念でGI初制覇という馬が多いのは何故か。
クラシックまでに成長が間に合わなかったというのが1つ。

あともう1つは、これが最大の要因だと思いますが宝塚記念というレースが瞬発力を求められづらいから。

急坂阪神内まわり2200。
スピードだけでは押し切れない距離ですし、瞬発力だけでは最後の急坂でバテる。
長くいい脚を使える馬が活躍できる数少ないGIの舞台なんです。
スピード・瞬発力全盛の日本競馬界で、今まで恵まれなかった馬がここでGI初制覇というパターンが多いんだと思います。
瞬発力足りない体力上位タイプのアドマイヤフジが昨年人気薄で4着にきたのもそれの裏付けになっているでしょう。

スイープトウショウやヒシミラクルに本命打てた相性良いレースなので今年も当てたいですね。

◎アルナスライン
サンデー×トニービンのアドマイヤベガ産駒。
この産駒の牡馬は特にトニービンの影響が強そうで、非根幹2200は適性がフィットしています。
同馬は母父に欧州系エルグランセニョールで体力も補完。
血統構成は昨年4着のアドマイヤフジに似ていますね。
ただ休み明けの古馬初挑戦の京都大賞典で3着、そこから中1週で菊花賞2着とスケールはこちらの方が上。
休み明けメトロポリタンSの1.0秒圧勝はポテンシャル証明になりますし、次走目黒記念もその反動なく好走。
目黒記念週は雨の影響ありました、ダービーでスマイルジャックがあわや勝つところだったように内伸び前有利のバイアス。
そこを外から差して2着は褒められる部類でしょう、勝ち馬とは2キロのハンデ差がありましたし。

今年の宝塚記念は雨模様。
雨で馬群ばらけるならストレスは軽減されますが、重い芝の阪神なら疲労は堪えるはず。
同馬は休みを上手く挟んでキャリア浅いですし、前々走OP戦で疲労は薄い。
GIもまだ1戦しかしておらず、蓄積疲労の面ではメンバー中最も薄いと言えるでしょう。

本命。

2番手以降がさっぱりわかりません。

このメンバーならメイショウサムソンは地力上位ですがピークすぎた感ありますし、疲労という観点で考えると昨秋GI3連戦・前走長距離の天皇賞ときつい。
オペラハウス産駒で疲労にあまり強くない血統ですし、断然の1番人気ということを考えるとあまり買いたくはならないです。

アサクサキングスは前走節目越え1番人気で負ける場面で3着だったのをどう捉えるか。
疲労抱えたと見るか、ポテンシャル示したと見るか。

ロックドゥカンブはセカンドクラスのロベルト系、S主導レッドランサム産駒。
リズム推移を見るとここで着順を上げてくるとは考えにくいかな。
前走アルナスラインより有利なバイアスだったのに負けましたから、ここの着順も入れ替わるのは考えにくい。

エイシンデピュティは前走・前々走でポテンシャルを発揮しすぎた感。
雨で逃げ粘る可能性は考慮しつつも、GIでは地力不足な印象。

4枠のサクラメガワンダー・アドマイヤオーラの瞬発力コンビはコース適性合わさそう。

んーんー、悩ましい。
そろそろまとめ。

○カンパニー
パスを覚えた流川。
前走から間隔あけたので疲労ごまかせるか。
過去のマイルGIを見ると、瞬発力が足りないと感じたので逆にこっちの方が合うのかもしれないなと。

▲アドマイヤフジ
プチアルナスライン。
強気な川田は体力上位のこの馬には合うタイプ。
GIレベルの体力はないと思いますが、雨でごまかせられれば。

△メイショウサムソン
△アサクサキングス
押さえ。

◎単複と馬単1着流し。
[PR]
by ms-labo | 2008-06-29 12:15 | 予想
<< 6/29(日)の函館芝1200 6/28(土)の予想 >>