楽しい七夕祭り

今日は七夕でしたね。

子供の頃、七夕はかなり楽しみで待ち遠しい行事の1つでした。
何故かと言うとお菓子ががっぽりもらえるからです。

は?と思う方が多いと思いますが本当にお菓子がっぽり、数カ月分くらいもらえるのです。

地元の風習として七夕の夜は子供達が、一般家庭を歌を歌いながらまわりまくるのです。
知らない家だろうがピンポンも押さずに玄関を開け放ち、歌を歌って(半ば怒鳴り気味にw)まわります。
そうするとそこの家の人がお返し?に小さいロウソクとお菓子をくれるんです。

だから七夕は楽しみで仕方なかったですね。
もうみんな何百世帯とまわってました。
歩いている途中で友達と出会うと情報交換です、○○さんのとこはビックリマンくれるぞ!とかw
そうこうしている内にスーパーの袋がパンパンになるくらいのお菓子が貯まる訳です。

全国的にこういうイベントあるのかと思ってましたが、ごく一部だけみたいですね。
大学時代は七夕の日に子供くるからお菓子用意しないととか思いましたが、周りの知り合いにバカにされてしまいました。

今でも地元の小学生は歩き回ってるのかな?
[PR]
by ms-labo | 2008-07-07 22:52 | その他
<< 先週の函館1200 ラジオNIKKEI賞の予想 >>