GIシーズン終わって競馬熱が冷めてきたあなたに。

血統以外でいつも自分がしている函館1200の考え方をちょっと載せておこうかと思います。
少しでもお役にたてれば幸いです。

この時期独特なのはまず降級馬。
やはり強いことが多いですが外れが少ないのはOP・1600万からの馬だと思います。
500万条件なんてまぐれ一発で勝てちゃいますから、1000万にいる馬が500万にいる馬より強いとは限らないと。
1000万でも好走していた馬なら降級でも通用しますが人気になるのは間違いないですし、500万によくいるキャリア浅い未知数の馬とかにやられたりすることもありますしね。
OPと1000万ではかなりの差がある(牝馬限定戦などは別として)と考えていいでしょう。
この2段階降級馬は毎年の様に勝ちをあげています。

これに関連?するのが休み明け。
条件戦は基本的に勝ち抜け戦ですから、半年前と1ヶ月前の500万では前者の方がレベルが高くなりがちです。
休み明けから走れるかは個体差になりますが、長期休み明けで人気落としている馬は期待値高いと思います。
休み明け0.0.0.3とかそういうのを気にしすぎると穴は取れません。




あとは滞在競馬。
馬はほとんど北海道生まれ、暑い本州より涼しい北海道で過ごした方が体調いいに決まってます。
私も上京1年目の本州の夏の暑さには驚愕しましたよ。
ミスタさんも真冬でも暑いと言っていた様に(笑)、北海道と本州の気温は違うのです。
これはもっと暑くなるこれからの方が威力を発揮してきます。
応用として北海道→中央戻りでも使えますね。

ちょっと長くなってきたのでまた後日続き書きます。
[PR]
by ms-labo | 2008-07-09 21:58 | その他
<< 函館1200の攻略 先週の函館1200 >>