函館1200の攻略

昨日の続き。

えー函館・札幌の北海道開催は2開催連続で行われます。
そして基本的にB→Aコース変わりなどの振り戻しがなく、天候的な要因を除いてフラットに馬場が荒れていきます。
当たり前のことを書いているようですが、内枠先行有利→外枠差し有利と移行していきます。
今の函館は芝の張り替えの影響でしょう、まだ先行有利な馬場です。

さて函館芝コースには1200以外には1000・1800・2000・2600があります。
1400・1600がないですし1000は基本的に下級条件しか行われないので、函館1200は前走函館1200組が必然的に多くなります。
ということで前走函館1200組の取捨さえ間違えなければ、的中にグッと近付けるのです。





それでは前走函館1200組の取捨について。
先行有利な馬場前提で考えていきます。

・前走逃げ先行馬
先行有利な馬場なので先行できるのはそれだけで有利になります。
前走先行して複勝圏に入っていれば当然今回も有力。
しかし中途半端な好走は、能力を伴わないバイアスを活かしただけの場合もあります。
人気は上がるものの変わり身も見せづらい傾向があるので注意。

・前走差し馬
今走も有利な前に行けない可能性があります。
しかし何らかの原因があって前に行けなかった可能性もあるので変わり身を見せることがあります。
前走差し惨敗すると人気はガタ落ちですので狙ってみてもいいかも。

細かいケースはその時次第なのでこれだけ押さえておけばまぁいいと思います。

前走函館1200組以外は短縮が有利になります。
函館は洋芝で重さが必要なので中央などでは1400以上をこなしていた方がプラスに働くからでしょう。
あとは昨日書いた様に休み明けも穴になります。

とりあえずこんなところで。
参考になれば幸いです。
[PR]
by ms-labo | 2008-07-10 20:43 | その他
<< 7/12(土)の予想 GIシーズン終わって競馬熱が冷... >>