どれもこれも見逃せない道新スポーツ杯

函館開催もこれだけ進むと前走馬券を取らせてもらった馬が多くなってきますね。
本命打って人気に応えてくれたり、押さえで穴馬券に絡んでくれたり。
単勝40倍を頂いた馬もいます。

そういう訳で非常に悩むレースです。

前走函館1200・A組人気複勝圏節目馬が5頭、さすがにこれらがみんな飛ぶのは考えにくく軸はこの中から選ぶべきかなと。
今回は前走4角1・2番手が多く尚且つフルゲートでHペース濃厚、ようやく時計がかかりだしてきた馬場も考慮して差し脚がある馬を割り増し評価してみます。

◎メイショウバレーヌ
前走函館日刊スポーツ杯は開幕2週目の前有利な馬場を中段から差し、軽ハンデ馬を捕らえられず。
2着ながら内容は濃かったと思います。
北海道芝1200は4戦して3,2,1,2着と全て複勝圏内、適性は高いと思われます。
正直なところ地力はエーシンエフダンズの方が上だと思いますが、前走圧勝すぎて疲労が気になります。
連続連対も前走が初なので、そういう疲労かストレスに弱いタイプなのかもなと。
ということで軸に適しているのはメイショウバレーヌかなと。





○エーシンエフダンズ
ケチつけましたが現級でも好走歴ありやはり地力は高いでしょう。

▲ステキナブロンコ
休み明けから連闘→中1週→連闘と函館でもはや4戦目、馬体重も減っておらずタフですね。
その函館3戦は5,9,9着と凡走続きですが上がりタイムは1,1,2位、着差も1秒未満にまとめていますから展開次第で上位は伺えると思います。
流れが速くなりそうな今回はチャンス。
今回こなくても函館最終週に出てきたら買いたいです。

△ラストモア
洋芝適性高いラストタイクーン。
前走上がり最速。
△ヤマニンパンテール
休み明けS系ニホンピロウイナー×サンデー。
ニホンピロウイナーは安定感ないですが強い相手に怯むことはないでしょう。
余談ですがニホンピロウイナー産駒の中距離馬メガスターダムがどんな子供を出すのか興味持ってます。
△ブライティアミラ
前走先行できず外回して4着。

馬連ワイド流し。
[PR]
by ms-labo | 2008-07-26 11:20 | 予想
<< 函館記念の予想 先週の函館1200 >>