函館記念の予想

毎度荒れる函館記念。

フィールドベアーは元々好きな馬でして何度か狙ったことがあるのですが、いかんせん私の期待にはなかなか応えてくれず(笑)ヤキモキしたものです。
そういう馬がここで1番人気に推されるというのは嬉しいようなもったいないような複雑な気持ちですが、さすがに目に見えすぎている函館実績を考えると物色されすぎな感じがしちゃいますね。
実力と適性は認めつつも押さえまでにしておきます。

◎トウショウシロッコ
重賞勝ちこそないものの中山の京成杯とセントライト記念で2着の実績。
函館記念は中山金杯とリンクするケースが多いですが、洋芝や小回り適性が求められるからでしょう。
前走巴賞は7着でしたがたった0.3秒しか負けていません。
実績ないベストより短い距離でいつもより前に行ったことで、末脚が鈍ってしまったのが原因じゃないでしょうか。
バテるのは悪いことじゃないです、弱い証明にはならないですしストレスや疲労を貯めずに次に向かえますから。
しかも人気を落として。
それよりも1年以上の休み明けでも前に行ける精神状態を評価したいです。





○ミストラルクルーズ
荒れ馬場適性高いスタミナ欧州系エルコン産駒。
巴賞組に人気が集中しており、前走連対節目の異端路線はいかにも。
前走七夕賞は人気なさすぎましたがあれくらい走れて当然の馬だと思います。

▲タスカータソルテ
母父ノーザンテーストで角が取れた感じのジャンポケ産駒。
重賞勝ち実績があるのに過小評価、ダウンでこそ。

△フィールドベアー
押さえ。

◎単複と馬連ワイドBOX。
[PR]
by ms-labo | 2008-07-27 10:31 | 予想
<< 今日の函館1200、美利河特別 どれもこれも見逃せない道新スポーツ杯 >>