小倉記念の予想

土曜小倉の1000万条件のレースでは上がり33秒台の軽量差し馬がワンツー。
他のレースでも差しが目立ったなという印象です。

小倉記念は連続圧勝ダイシングロウや七夕賞勝ちミヤビランベリなど有力どころに逃げ先行馬が多く、穴ならやはり差し馬を狙いたくなります。
最低でも34秒台の末脚がないと厳しいでしょうし、ハンデも軽い方が最後の一押しになるかなと。

で考えていくとこの馬になりました。

◎ケンブリッジレーザ
良馬場では安定して速い上がりを使える馬。
タイキシャトル産駒の割に長めの距離に適性がある馬で、新馬戦勝ちこそ1600でしたがその後の勝ち鞍は2200,2000,2400。
前走は自身には短い1800で先行してバテてしまった感じですが、距離延長で後ろからある程度行けば脚は矯められそうです。
軽ハンデと中1週で馬体も絞ってこれそうでズバッと差し切りに期待します。

現在単勝最低人気ですね。
気にしません。
[PR]
by ms-labo | 2008-08-02 23:30 | 予想
<< 函館1200、UHB杯予想 勝負は17時から >>