神戸新聞杯とオールカマーの回顧

神戸新聞杯

ブラックシェルいらねええええ。
久しぶりに馬券で勝負かけましたが1着3着で撃沈。
ぐやじいです!

一応ディープスカイが勝ちはしましたが脚色ではブラックシェルの方が上回っていました。
正直差されたと思いましたがあそこで抜かせない辺りがGI馬の底力なんでしょうか。
勝てたのは位置取りの差かなぁとも思いますが、矯めていたらもっとキレてたのかもなぁとも思います。
前で競馬できたのを成長と見るか春のようにキレなかったのを不調と見るか、現時点では判断に悩みます。

オウケンブルースリは無理めな位置からよく伸びてきました。
私には、馬を信じた騎乗=勝ちにいかない騎乗に見えました。
トライアルならそれでもいいと騎手の立場からみれば思いますが、馬券を買う立場からしてみれば正直少し迷惑。
まぁ強い馬なのは間違いないでしょう、重賞も勝てるレベルにあると思います。
ただ次の菊花賞で勝てるかは別。
菊花賞は追い込み決まりませんから今回と同じ様な競馬をするとまず間違いなく負けるでしょう。
厩舎と騎手の意識がどういうものなのかがキモになりそうです。





オールカマー

マツリダ+逃げ先行馬、という予想のベクトルはばっちりだったんですけどねぇ。
キングストレイルはMラーなら買えました、いやむしろ買わなきゃダメでしょう。

まとまりサンデー×テーストの過小評価・大幅距離変更ショックと。
非根幹距離で精神力や体力はごまかせるので、気持ち的に最も新鮮さを感じられるこの馬のアドバンテージは大きかった。
なんとなく穴っぽい匂いは感じていたんですが、近走の位置取りが後ろすぎたのが気になってしまいました。
よくよく考えれば大幅延長ならテンのスピード緩みますし、それに加え鞍上横山典ということを考えれば逃げるんじゃないかという思考には辿り着けるはずです。

Mラーとしてまだまだ甘いなぁと軽くショックを受けました。

シャドウゲイトに関しては捲くっていましたし闘争心は戻ってきたようですね。
ただ年齢からでしょう、ズブくなっているのは確かな様で今後はハナを取れる場面は限られてくるでしょうね。
長距離とかスタート後の直線が長いとかそういう条件がないと自分のレースはできないでしょうね。
[PR]
by ms-labo | 2008-09-29 18:15 | 回顧
<< ファイングレインはないわ。 オールカマーの予想 >>