ポルトフィーノが勝ってたはずの秋華賞回顧

いやー荒れましたね。

ブラックエンブレムは弱い弱いと思っていたのであまり検討すらしてませんでした。
Mの法則では強さ弱さより、走れる精神状態か否かを重視する理論なのにね。
まぁでも前有利な馬場が味方したのは確かだと思います。

この世代はあんまり強さを感じる馬がいません。
展開やローテで勝ち馬がコロコロ変わる、そんな印象。
敢えて言うならトールポピーが強いと思いますが、それも馬場とかでひっくり返るレベルかなと。

個人的には人気馬ぶった切って印つけた2頭が5,2着でまぁ納得してます。
特に今井さんの予想着順で次走期待値Cだったムードインディゴを評価できたのが満足。
前走重のHペースで集中力活かしたと回顧されてましたが、今回は内回り・最内枠で集中力活かしてくれないかなと。
この辺の柔軟さも若駒ダンスインザダークの特徴じゃないでしょうか。

今回はかなり強い競馬しましたが、だからと言って次走以降に同じパフォを求め続けるのは疑問だと思います。
鮮度はどんどん失われていくので走るタイミングはよりシビアになっていくでしょう。
この辺がMの面白いとこですね。




エフティマイアは危惧していた脚の遅さが出たなぁと。
もっと前々で競馬して欲しかったですが、GI乗り替わりでそれを騎手に文句言っても仕方ない。
この馬はポップロックと同じ匂いがします。
Mラーが本命にしやすそうなタイプ。
無難に走ってきてリズム維持するけど次も微妙に人気して3着止まりとか。
今後気をつけようと思います。
逆に相手強い大幅アップ戦とかの方がいいかも。

ブライティアパルスもいい内容でしたがやっぱり騎手(笑)。
まだ末脚残してましたし4角スムーズなら最低でも3着は確保できていたでしょう。
でもこれもGI数えるくらいしか乗ってない騎手を責めるのは酷。

結局、岩田福永哲三ですからね。
騎手で買えということなんでしょうか。

哲三は難しい。
今回のプロヴィナージュやタップダンスシチー・インティライミみたいに勝ちにいく強い意思を見せる時はホントに凄いんですが、代打のサンライズバッカスでポツン最後方とか淡泊な騎乗もかなり多い。

まあまとまってないですがとりあえずこんな感じ。
[PR]
by ms-labo | 2008-10-20 20:36 | 回顧
<< 富士Sの予想 府中牝馬Sの予想 >>