富士Sの予想

◎サイレントプライド
疲労に強くないフレンチデピュティ産駒の休み明けで、実際休み明けで2勝している馬。
昨日の大雨で馬場がまだ重め残りになっているのも、道悪得意のこの産駒にはいいでしょう。
揉まれ強くないので道中の摩擦が減るのも良く、内枠のメリットだけを強調できそう。
前走重賞勝ちでも人気節目維持。

○ショウナンアルバ
気性激しいS系。
春シーズンは2400のダービーを見据えていたため逃げない競馬をさせようとしていましたが、溢れ出す闘争心を抑えきれず失敗。
短距離路線変更なら無理に抑える必要性が薄く、逃げるという選択もできるでしょう。
逃げなくても古馬マイル重賞なら春シーズンよりはペースが速くなって走りやすいはずです。
休養前は尻すぼみリズムで萎えていた感じなので、Sがどこまで戻っているかが焦点。
まだ鮮度あるので何とかなると思いますが。

▲バトルバニヤン
唯一の4歳馬。
中距離路線を使われていましたがマイルへの短縮に2回連続で反応しており、適性はありそうです。

◎単勝と馬連BOX。
[PR]
by ms-labo | 2008-10-25 11:13 | 予想
<< 秋華賞が荒れたからって菊花賞が... ポルトフィーノが勝ってたはずの... >>