秋華賞が荒れたからって菊花賞が荒れるとは限らない

因果関係ないんだから当たり前の話ですけどね。

秋華賞が荒れたのは人気馬が弱かったor走れない状態だったから。
では菊花賞は?というと誰が見ても強い馬が1頭いるじゃまいか。

◎オウケンブルースリ
春の2強ディープスカイ・ブラックシェルに迫った馬。
最後方から上がりの脚だけで2頭以外はごぼう抜き、それでも内田曰くダメージを残さない様に乗ったらしいです。
どこまで信用できるかわかりませんが、それが本当ならやはりかなり強いなと。
0.4秒以上の圧勝経験(新馬・未勝利除く)を持つのもダイシンプランと同馬のみ。
同馬がそれをやってのけたのが阿賀野川特別。
2,4着馬は次走1000万条件を勝ち上がり、3着ダイワワイルドボアはセントライト記念を勝ったというハイレベルなレースを圧勝したのです。
脚質とか血統とか色々と不安材料はありますが低レベルと言われているこのメンバーなら、誰が見ても強い同馬の好走する可能性はかなり高いと思います。





○シゲルフセルト
母父サクラユタカオー理論。
サクラユタカオーと考えればダイタクバートラムみたいな長距離馬も出していますし、母父はそこまで距離適性に寄与しないんじゃないかなと、あくまで補完材料。
というか菊花賞では勝負所に入る前に位置取りを上げるスピードも必要になります。
あのヒシミラクルだって上がり34秒台で中距離先行押し切り経験ありましたしね。
古馬1600万勝ち馬がこの人気はないと思います。

▲ノットアローン
3勝を全て延長ローテであげている馬。
アグネスタキオン×マキャベリアンでいかにも量がありそうなまとまり系で、位置が取れそうなのもアドバンテージ。
GI着付けの鬼、横山典。

△スマートギア
野分特別勝ちの佐山厩舎と言えばどうしてもヒシミラクルを思い出させます。
Sと体力でごり押しするという印象のマーベラスサンデーの割に量を感じさせる戦績。
魂リズム最上位。

△スマイルジャック
前走凡走→節目越えと買ってはいけないタイミングにも見えますが、前走掛かっていたことと上位2頭が回避でぎりぎり許容範囲内かなと。

馬連BOXで。
[PR]
by ms-labo | 2008-10-26 11:31 | 予想
<< 菊花賞回顧 富士Sの予想 >>