軽い京都1400スワンS予想

◎マイネルレーニア
前走圧勝でノーストレスの状態から得意な非根幹1400への短縮。
精神力乏しいグラスワンダーですからこのオプションはかなりのプラス要素でしょう。
やはりサラブレッドのピークは4歳秋であり、牝馬にダービーを持っていかれ最弱世代と呼ばれた現4歳馬も今夏からぽこぽこ重賞を勝てるようになっています。
今回メンバー中、4歳牡馬はローレルゲレイロと同馬のみ。
逃げ脚質も一緒ですがローレルゲレイロは骨折明けでも人気になりそうで。

○スズカフェニックス
格最上位。

▲ファリダット
前走強かったですし、メンバー的にリズムは強調できそう。

△トウショウカレッジ
スプリンターズS上がり最速。

◎単複と馬連流し。
[PR]
by ms-labo | 2008-11-01 08:40 | 予想
<< 天皇賞・秋の予想(その1) 菊花賞回顧 >>