天敵がいなくなったマイルCSの予想

乱暴な言い方をすれば上がりだけで勝てるGI。

近年は怪物ダイワメジャーがいましたが今年からは正しい(?)マイルCSが見られそうです。

基本的に上がり重視。
35秒台では問題外、先行馬なら34秒、差し馬なら33秒台がほしいところ。

◎スーパーホーネット
今年4戦中上がり33秒台が3戦、キレが求められる京都マイルは適性高いです。

休み明け1200の高松宮記念は自信の消しでしたが5着でビックリ、昨秋はリズムだけで乗り切った訳じゃないな相当強くなったなと思わされました。
その後の京王杯SC好走→安田記念凡走は想定通り。
安田記念はコンゴウ先生がきた様にキレよりスタミナ寄りで持続的な脚が求められますからね。

で毎日王冠1着が余計。
これ負けたって本番は本命にするつもりでしたから人気上がっちゃってほんと余計。
負かしたウオッカが秋天勝っちゃってさらに余計。
まぁ幸いローテは間隔がしっかり開いてますから反動だけはないと考えていいでしょう。

まず勝つと思いますが、今年は異端短縮馬が人気になっており短縮向きの流れにならないんじゃないかというのが不安。




ということで相手には非短縮馬を。

○ショウナンアルバ
前走富士S、古馬初対戦で上がり最速。
馬場的に内伸び先行有利でしたから結果はノーカウントと言えるでしょうし、速い上がりを見せられたことはプラスです。
気性的に根幹マイルがベストなはずです。

▲マルカシェンク
前々走重賞勝ちでも大幅節目割り。
前走富士Sは惨敗ですがサンデー×ミスプロ系でLっぽく、1回の凡走なら巻き返す可能性はあります。
このレースと相性いいサンデー産駒ですし、サンデー産駒の重賞巻き返しは休み明けか叩き2戦目がほとんど。

△スズカフェニックス
対抗予定でしたが枠が最悪。
京都は外回してもそんなにロスが出ませんし、内枠で番手馬2頭に挟まれてしまってはスムーズな競馬は難しいでしょう。
近走は馬券圏外に負けていますが、速い上がりを使えているのでそれは気にしなくていいかと思います。

△ラーイズアトニー
外国マイルで1.33.9という時計を出せているなら日本で通用する下地はあるかも。
確率の問題ですが相当人気ないので期待値は高いかと。

◎軸、馬連三連複流し。
[PR]
by ms-labo | 2008-11-23 01:07 | 予想
<< マイルCSその他の馬たち 東京スポーツ杯2歳S予想 >>