ジャパンカップ予想その2 結論

上位人気3頭を見ましたがこれら3頭は全てダービー馬です。
言わばこれは当該コース物色と言えるかもしれません。

ならば東京適性は問われない可能性が高いのかもしれません。

◎オウケンブルースリ
ダービー未出走の菊花賞馬で、GI1人気1着からの節目割り。
例外もありますが菊花賞からJCへの臨戦は基本的に着順が良い馬の方が好成績を挙げています。
3歳馬ということで長距離を使った疲労よりも、古馬戦による鮮度があるのでリズムや短縮ショックが活きるのでしょう。
東京の馬場もCコースになってフラットになってきましたし、速い上がりを出せる馬なら差し追い込みでもこれる馬場だと思います。
血統的に決してステイヤーじゃないですしこれくらいの距離の方がフィットすると思います。
生涯上がり2位以内キープしているので東京の適性も低くないでしょう。
上位人気2頭を退けて勝つ資格を持っているのはこの馬しかいないでしょう。

さて上位2頭を積極的に買いたくないので他の馬を探してみましたがはっきり言って良い馬は見つかりませんでした。
もしかしたら今が連荘期かもしれないウオッカを2番手にします。

オウケンブルースリ→ウオッカの馬単1点で勝負してみます。
[PR]
by ms-labo | 2008-11-29 19:14 | 予想
<< JC回顧 ジャパンカップ予想その1 >>