阪神JF回顧

ブエナビスタが図抜けた体力を見せて圧勝。
これ以上の馬はそうそう出てこないでしょうし牝馬クラシック路線はほぼ安泰でしょう。
まだ精神力の裏付けが取れていない部分もありますが大外ぶん回しても勝てますから。

負けるとしたら揉まれる競馬を試した時。
本番でいきなりそういうことはしないでしょうからトライアルレースはちょっと注意したいなと。

あとは体力だけで乗り切れない可能性がある古馬戦とか牡馬混合戦初挑戦、または海外とか。


ダノンベルベールはブエナビスタと同世代じゃなければ…という感じですね。
内枠で苦しい競馬でしたが諦めずに頑張っていました。
体力だけじゃないところを見せられたのでレベル高いと思います。

ミクロコスモスは体力の裏付けは取れましたがブエナビスタの後ろをくっついていっただけ。
ああいう競馬では好走できても1着は取れません。

GIで勝ちにいく後藤の信頼性を再確認したレースでもありました。
[PR]
by ms-labo | 2008-12-16 23:41 | 回顧
<< 愛知杯などの予想 カペラSなどの予想 >>