有馬記念予想その3

ダイワスカーレットには違和感があります。
強いのは間違いないのにオークス回避で牝馬三冠を逃し、内容的には勝ちに等しいのに負けてしまった昨年の有馬&今年の秋天。
今年の有馬は不利と言っていい外13番枠。

要するに運がちょびっと足りない馬なんじゃないかなと。
上手く歯車が噛み合えばエアグルーヴ級の成績が残せていたかもしれないのに。

あとは秋天では掛かってしまっていたのも気になります。
2000で掛かるのに2500で大丈夫かと。
まぁここはパドックよく見ましょう。

ということで不安材料あげていきましたがそれでも3番手評価です。
ポテンシャル高いし距離はともかくコース適性も高いです。
これ以上印下げられません。






とりあえず印打つのはこの3頭です。
他に気になる馬もいますが何となくイマイチで直前まで悩みます。

悩んでるのは内からエアジパング、アルナスライン、ドリームジャーニー。

エアジパングは前走でスタミナ示し過ぎてしまっているのと単純なポテンシャル不足感ありつつも、鞍上藤田でフローテーション同様ロスなく競馬できそう。

アルナスラインはなかなか勝ててないですがポテンシャルは間違いなく高いですよ。
ただ調教師の使い方がクソ過ぎます。
未だ重賞勝ててないのは調教師のせいです。

ドリームジャーニーは小回り向きで不安定C系ステイゴールドで格負けせずに巻き返してこれます。
ただ枠が痛過ぎでしょう。
外から捲って勝つほど体力抜けてないですし、イン突くにしてもこの枠だと相当後ろ下げないとポジション取れません。

とりあえずこんな感じです。
◎スクリーンヒーロー
○フローテーション
▲ダイワスカーレット

◎単複と馬単流し、あと◎1頭軸で三連複も買おうかなと。
[PR]
by ms-labo | 2008-12-28 03:30 | 予想
<< 有馬記念とオフ会の雑記 有馬記念予想その2 >>