2008年 12月 28日 ( 3 )

有馬記念予想その3

ダイワスカーレットには違和感があります。
強いのは間違いないのにオークス回避で牝馬三冠を逃し、内容的には勝ちに等しいのに負けてしまった昨年の有馬&今年の秋天。
今年の有馬は不利と言っていい外13番枠。

要するに運がちょびっと足りない馬なんじゃないかなと。
上手く歯車が噛み合えばエアグルーヴ級の成績が残せていたかもしれないのに。

あとは秋天では掛かってしまっていたのも気になります。
2000で掛かるのに2500で大丈夫かと。
まぁここはパドックよく見ましょう。

ということで不安材料あげていきましたがそれでも3番手評価です。
ポテンシャル高いし距離はともかくコース適性も高いです。
これ以上印下げられません。

more
[PR]
by ms-labo | 2008-12-28 03:30 | 予想

有馬記念予想その2

昨年勝ったマツリダゴッホですが、内でロスなく乗って直線で前が開いたという完璧すぎるレース内容でした。
そういう騎乗ができる騎手でそれに応えられる馬だというのがあるのはもちろんなんですが、じゃあ今年は人気になってしかも外枠で同じ競馬ができるかと言ったらまず間違いなく無理でしょう。
外から捲って勝てる程ポテンシャルも抜けてる訳ではないのでマツリダゴッホは無印です。

では昨年のマツリダゴッホに近い競馬ができるのはどれだというと、フローテーションに期待したいです。

more
[PR]
by ms-labo | 2008-12-28 03:28 | 予想

有馬記念予想その1

昨年非A組人気で1,2着のマツリダゴッホ、ダイワスカーレットが今年は1,2番人気を形成。
しかも昨年は有利な内枠だったのが今年は外枠。
この2頭は疑う方向で考えていきたいです。

◎スクリーンヒーロー
1,2番人気馬、ひいてはその他全馬が持っていない今年度GI勝ちカード保有馬。
今年度宝塚記念勝ち馬エイシンデピュティが回避したことでこの材料保有が唯1頭となりました、自信が確信に変わったというのは正にこのことだと。

枠も1桁馬番、血統的にも有馬特注のロベルトで本命はこれしか見えません。
近年はロベルト来てないという意見もありますが、これはブライアンズタイム自体の活力が加齢で落ちてきているのと後継種牡馬が育っていなかったからじゃないかなと。
ナリタブライアンやシンボリクリスエスでは父としては重すぎるんです。
そこで母父ダンチヒで軽さを補完したグラスワンダーですよ、マヤノトップガンも軽さありますがグラスワンダーは日本競馬に対応してるでしょ。

more
[PR]
by ms-labo | 2008-12-28 03:26 | 予想