カテゴリ:回顧( 40 )

有馬記念とオフ会の雑記

今年も有馬が終わりました。
年内に回顧しておきましょう(笑)。

中山記念で春が来たなと感じる様に、有馬記念で予備校オフが来たなと感じるのは私だけでしょうか。
週頭くらいからスクリーンヒーロー本命のつもりでしたが、週末に行くに従って予備校関係でも本命の人が多いこと多いこと。
予備校オフと言えばほとんどみんな有馬は外し傷心で居酒屋へという流れがパターン化しており(笑)、予備校関係者の方には大変失礼と思いつつ当日にはかなりの不安を感じていました。

とは言え土壇場で本命変えたりとか買うのやめたりとか有馬ではできないですし、不安と期待が入り混じりながらレースを見てました。

3角でマツリダゴッホが大捲りを打ち、4角でスクリーンヒーローがそれを押さえて手応え抜群で直線2番手に上がってきた時はもう、もらった!と思ってしまいました。
しかしデムーロもコメントしていた様に坂でほんとにパッタリと止まってしまいました。
あの伸びなさっぷりはトラウマになりそうですよ、ほんと。

more
[PR]
by ms-labo | 2008-12-31 13:05 | 回顧

先週の回顧

久しぶりに大勝ちの土日でした。

more
[PR]
by ms-labo | 2008-12-24 06:15 | 回顧

阪神JF回顧

ブエナビスタが図抜けた体力を見せて圧勝。
これ以上の馬はそうそう出てこないでしょうし牝馬クラシック路線はほぼ安泰でしょう。
まだ精神力の裏付けが取れていない部分もありますが大外ぶん回しても勝てますから。

負けるとしたら揉まれる競馬を試した時。
本番でいきなりそういうことはしないでしょうからトライアルレースはちょっと注意したいなと。

あとは体力だけで乗り切れない可能性がある古馬戦とか牡馬混合戦初挑戦、または海外とか。


ダノンベルベールはブエナビスタと同世代じゃなければ…という感じですね。
内枠で苦しい競馬でしたが諦めずに頑張っていました。
体力だけじゃないところを見せられたのでレベル高いと思います。

ミクロコスモスは体力の裏付けは取れましたがブエナビスタの後ろをくっついていっただけ。
ああいう競馬では好走できても1着は取れません。

GIで勝ちにいく後藤の信頼性を再確認したレースでもありました。
[PR]
by ms-labo | 2008-12-16 23:41 | 回顧

JC回顧

スクリーンヒーローに関しては納得できないので自分なりに考えて結論出しました。
間違っているかもしれませんが現時点ではこれで納得しておきます。

わかった(?)ことは大きく2つ。

1つめは量があること。
これは使ってきた距離などから勝手に自分が体力型グラスワンダーだと思い込んでいたというのが大きいです。

もう1つはアルゼンチン共和国杯は負ける場面で勝ったポテンシャル証明レースで、JCはスローでその反動は出なかったということ。
ウオッカとディープスカイに関してもスローだったから秋天の反動が出ず距離もごまかせたと思います。

オクトーバーSでジャガーメイルに瞬発力勝負で負けたのに、アルゼンチン共和国杯では瞬発力勝負でも勝ちました。
ここをもっと評価するべきだったんでしょうね、アルナスライン含めAAA決着だった訳ですし。

more
[PR]
by ms-labo | 2008-12-04 10:37 | 回顧

天皇賞・秋の回顧

ディープスカイが3着に入ったことでMラーの尊厳は保たれました。

more
[PR]
by ms-labo | 2008-11-03 10:15 | 回顧

菊花賞回顧

弱そうなメンツだからこそ、実績なかろうと人気だろうとオウケンブルースリが勝つという読みは当たりましたね。
2着にフローテーションなんてきちゃって荒れましたが(笑)。

最低限の瞬発力を備えるサンデー系に、母父長距離の鬼リアルシャダイですから血統だけは1番いいとホームルームでも言ってました。
でもさすがに近走のあの成績じゃ買えませんよ。
鞍上藤岡もうまく乗りましたが、雨のスペシャルウィークはほんとに神懸かってますね。

オウケンブルースリはノットアローンのハイペースに助けられたんですかね?
それにしても前走追い込み競馬をしたあとに、ハイペースについていって捲くって4角ではほぼ先頭ですからね。
強いんじゃないかなと思います。
もしくは他の馬が猛烈に弱いか(笑)。

それにしてもいい競馬をしながらも長距離で勝てなかったジャングルポケット、その産駒がさくっと菊花賞勝っちゃうんですね。
現役時代のジャンポケ好きでしたが、産駒がこうもあっさり勝っちゃうと嬉しいような悔しいような(笑)。

まぁそんな感じです。
[PR]
by ms-labo | 2008-10-28 20:22 | 回顧

ポルトフィーノが勝ってたはずの秋華賞回顧

いやー荒れましたね。

ブラックエンブレムは弱い弱いと思っていたのであまり検討すらしてませんでした。
Mの法則では強さ弱さより、走れる精神状態か否かを重視する理論なのにね。
まぁでも前有利な馬場が味方したのは確かだと思います。

この世代はあんまり強さを感じる馬がいません。
展開やローテで勝ち馬がコロコロ変わる、そんな印象。
敢えて言うならトールポピーが強いと思いますが、それも馬場とかでひっくり返るレベルかなと。

個人的には人気馬ぶった切って印つけた2頭が5,2着でまぁ納得してます。
特に今井さんの予想着順で次走期待値Cだったムードインディゴを評価できたのが満足。
前走重のHペースで集中力活かしたと回顧されてましたが、今回は内回り・最内枠で集中力活かしてくれないかなと。
この辺の柔軟さも若駒ダンスインザダークの特徴じゃないでしょうか。

今回はかなり強い競馬しましたが、だからと言って次走以降に同じパフォを求め続けるのは疑問だと思います。
鮮度はどんどん失われていくので走るタイミングはよりシビアになっていくでしょう。
この辺がMの面白いとこですね。

more
[PR]
by ms-labo | 2008-10-20 20:36 | 回顧

スプリンターズSの愚痴

1着○スリープレスナイト
2着-キンシャサノキセキ
3着△ビービーガルダン
4着▲スズカフェニックス
5着△アポロドルチェ
6着◎トウショウカレッジ
7着△カノヤザクラ

キンシャサさえいなければあああああ…!!
[PR]
by ms-labo | 2008-10-10 19:43 | 回顧

神戸新聞杯とオールカマーの回顧

神戸新聞杯

ブラックシェルいらねええええ。
久しぶりに馬券で勝負かけましたが1着3着で撃沈。
ぐやじいです!

一応ディープスカイが勝ちはしましたが脚色ではブラックシェルの方が上回っていました。
正直差されたと思いましたがあそこで抜かせない辺りがGI馬の底力なんでしょうか。
勝てたのは位置取りの差かなぁとも思いますが、矯めていたらもっとキレてたのかもなぁとも思います。
前で競馬できたのを成長と見るか春のようにキレなかったのを不調と見るか、現時点では判断に悩みます。

オウケンブルースリは無理めな位置からよく伸びてきました。
私には、馬を信じた騎乗=勝ちにいかない騎乗に見えました。
トライアルならそれでもいいと騎手の立場からみれば思いますが、馬券を買う立場からしてみれば正直少し迷惑。
まぁ強い馬なのは間違いないでしょう、重賞も勝てるレベルにあると思います。
ただ次の菊花賞で勝てるかは別。
菊花賞は追い込み決まりませんから今回と同じ様な競馬をするとまず間違いなく負けるでしょう。
厩舎と騎手の意識がどういうものなのかがキモになりそうです。

more
[PR]
by ms-labo | 2008-09-29 18:15 | 回顧

セントライト記念の勝因

セントライト記念は◎ダイワワイルドボアの単複のみ的中。

これには予想で書いた通り、ノーザンダンサー系へのこだわりもあったのですが朝日CCのトーホウアランの反省もあったのです。

母父ヌレイエフのまとまりトーホウアランは長期休み明けから完全に均衡気味だなぁという印象でした。
なのできても3着止まりだろうと。

ただ引っ掛かっていたのが休み明け以降初の節目割りということ。
まとまり系は過小評価でこそですからね。

まあどっちみち朝日CCは配当が安かったのでそれほど悔しくはありませんでしたが、反省材料として覚えておこうと。
まさかいきなり次週でその反省が活かせるとは思いませんでしたが中穴当てられてよかったです。

後付け自慢ごめんなさい。
[PR]
by ms-labo | 2008-09-21 23:08 | 回顧