カテゴリ:予想( 167 )

京王杯2歳Sの予想

◎フィフスペトル
前走函館2歳Sは差し有利な流れだったのを差し引いても強い内容と言えるでしょう。
上がり最速で0.4秒圧勝、前日のミレニアムカースルが勝った古馬1000万と0.2秒しか違わないタイムで勝っていますし、圧勝ですから最後まで全力で追ってないと思います。
逃げとかじゃない限り1200で0.4秒圧勝とか普通ないですよ。
めちゃ強かったスリープレスナイトでさえ0.4秒圧勝はないですからね。
ということで函館2歳Sレベルのメンツなら頭1つ2つ抜け出していると思います。

あとは休み明けと距離延長がどうかですが、調べてみたらこの馬かなり体力ありそうですね。
母父バーリはリヴァーマン×ニジンスキーで母母父がロベルト。
スタミナは問題ないですね、逆に1400は軽すぎやしないかという不安が出てきました(笑)。
まぁ1200勝ってるからヨシとしておきます。

逆にここ勝ったら朝日杯ラジたんの最有力候補と言えるんじゃないかなと。

more
[PR]
by ms-labo | 2008-11-14 23:47 | 予想

ファンタジーS予想

◎ワイドサファイヤ
正直よくわかりませんが福永がシーザリオ級と言った馬。
自分の乗る馬が強いと思っていてもシーザリオの名前はおいそれと出せるものではないでしょう。
いくら調教で走ってもそれがイコールでレースにつながるとは思っていませんが、歴代牝馬最強クラスのシーザリオを引き合いに出されたら仕方ないわ。

△ワンカラット
△ナムラミーティア
△シルクナデシコ
△ツルマルハロー

馬単流し。
[PR]
by ms-labo | 2008-11-09 09:34 | 予想

アルゼンチン共和国杯の予想

◎ダンスアジョイ
速い上がりを使っても差し切れない馬の延長格上げは穴開けるパターンの1つで、同じダンスインザダーク産駒のウイングランツ・メジロトンキニーズが実際にダイヤモンドSで激走しています。
本当はもっと長い距離がいいんでしょうが東京2500は2400から100m伸びるだけでスタミナの要求度が変わってきますからね。
1600万からの格上げ挑戦になりますが、間隔開けた前走でわざわざ短いところを使ってますから延長のここ狙いとしか思えません。
重賞は2回走って2度とも3着とタイム差なしの4着と、ここに入ってもポテンシャルが見劣るってこともないでしょう。

more
[PR]
by ms-labo | 2008-11-09 08:01 | 予想

武蔵野S予想

◎サンライズバッカス
広コース向きな馬で地方小回り→東京替わりは明らかにプラス、カネヒキリに勝ったコースですしね。
哲三乗り替わり当初は後方ポツンでやる気あんのか!と思いましたが、前走小回りで捲くったりと工夫してきているので信用してみます。
アンカツの代打だけかと思いきやGIも乗らせてもらえそうでやる気出してきてるんじゃないかなと(笑)。
もう6歳ですがダート戦は消耗しづらいのでまだ一線級で活躍できると思います。

○ベルモントプロテア
バウンド延長のダンチヒ。
外枠で揉まれず楽に走れそうで、ダンチヒのリズムとしては大幅節目割りのここは買っておきたいです。

▲ユビキタス
S系が1つ叩いて、走れる精神状態になっていそう。

◎単複、馬連ワイド。
[PR]
by ms-labo | 2008-11-08 08:03 | 予想

天皇賞・秋の予想(その2)

さてディープスカイの相手探し。

鮮度ならトーセンキャプテン、タスカータソルテ、あとはなにげに古馬混合GI2戦目のダイワスカーレット。

リズムならドリームジャーニー、ウオッカ。
ダイワスカーレットは長期休み明けなのでリズムは強調しづらい。

格ならウオッカ、ダイワスカーレット。
アサクサキングスは菊花賞くらいだとベクトル合わないし微妙。

あとはサンデーが強いレースなので、サンデー系と母父サンデーも注意かなと。

結論。

more
[PR]
by ms-labo | 2008-11-02 00:54 | 予想

天皇賞・秋の予想(その1)

今年1番の絶不調だった京都大賞典週でしたが、幸いにも早めに調子が上向いてきました。
富士S菊花賞スワンSと3連続本命馬が勝利。
もちろんここも当てる気まんまんです。

◎ディープスカイ
毎日杯で覚醒してからGI含む重賞4連勝。
毎日杯での直線の伸びは次元が違う衝撃を受け、こいつは強くなるなと思わされました。

同馬は瞬発力あって軽いタキオン産駒のイメージそのままで、さらにものすごく強くした感じの馬。
この馬にとって東京2000は、最も適性が高いコースだと思います。
やはり2400は長いでしょう、神戸新聞杯を見てそう思いました。

秋GIの中で最も勝つ可能性が高いのはここです。
秋天が秋しょっぱなにあり、そこへ最も鮮度の高い状態で出走できるのは同馬にとっての幸運に外なりません。

このレースに求められるのは格よりも鮮度、次いでリズム・疲労でしょうか(ex.アグネスアーク、スウィフトカレント、ヘヴンリーロマンス)。
ディープスカイは格も持っていますが、それよりも3歳馬が持つ鮮度が重要なんです。

これまで以上のパフォーマンスをここで見せてくれるはずです。
[PR]
by ms-labo | 2008-11-01 22:24 | 予想

軽い京都1400スワンS予想

◎マイネルレーニア
前走圧勝でノーストレスの状態から得意な非根幹1400への短縮。
精神力乏しいグラスワンダーですからこのオプションはかなりのプラス要素でしょう。
やはりサラブレッドのピークは4歳秋であり、牝馬にダービーを持っていかれ最弱世代と呼ばれた現4歳馬も今夏からぽこぽこ重賞を勝てるようになっています。
今回メンバー中、4歳牡馬はローレルゲレイロと同馬のみ。
逃げ脚質も一緒ですがローレルゲレイロは骨折明けでも人気になりそうで。

○スズカフェニックス
格最上位。

▲ファリダット
前走強かったですし、メンバー的にリズムは強調できそう。

△トウショウカレッジ
スプリンターズS上がり最速。

◎単複と馬連流し。
[PR]
by ms-labo | 2008-11-01 08:40 | 予想

秋華賞が荒れたからって菊花賞が荒れるとは限らない

因果関係ないんだから当たり前の話ですけどね。

秋華賞が荒れたのは人気馬が弱かったor走れない状態だったから。
では菊花賞は?というと誰が見ても強い馬が1頭いるじゃまいか。

◎オウケンブルースリ
春の2強ディープスカイ・ブラックシェルに迫った馬。
最後方から上がりの脚だけで2頭以外はごぼう抜き、それでも内田曰くダメージを残さない様に乗ったらしいです。
どこまで信用できるかわかりませんが、それが本当ならやはりかなり強いなと。
0.4秒以上の圧勝経験(新馬・未勝利除く)を持つのもダイシンプランと同馬のみ。
同馬がそれをやってのけたのが阿賀野川特別。
2,4着馬は次走1000万条件を勝ち上がり、3着ダイワワイルドボアはセントライト記念を勝ったというハイレベルなレースを圧勝したのです。
脚質とか血統とか色々と不安材料はありますが低レベルと言われているこのメンバーなら、誰が見ても強い同馬の好走する可能性はかなり高いと思います。

more
[PR]
by ms-labo | 2008-10-26 11:31 | 予想

富士Sの予想

◎サイレントプライド
疲労に強くないフレンチデピュティ産駒の休み明けで、実際休み明けで2勝している馬。
昨日の大雨で馬場がまだ重め残りになっているのも、道悪得意のこの産駒にはいいでしょう。
揉まれ強くないので道中の摩擦が減るのも良く、内枠のメリットだけを強調できそう。
前走重賞勝ちでも人気節目維持。

○ショウナンアルバ
気性激しいS系。
春シーズンは2400のダービーを見据えていたため逃げない競馬をさせようとしていましたが、溢れ出す闘争心を抑えきれず失敗。
短距離路線変更なら無理に抑える必要性が薄く、逃げるという選択もできるでしょう。
逃げなくても古馬マイル重賞なら春シーズンよりはペースが速くなって走りやすいはずです。
休養前は尻すぼみリズムで萎えていた感じなので、Sがどこまで戻っているかが焦点。
まだ鮮度あるので何とかなると思いますが。

▲バトルバニヤン
唯一の4歳馬。
中距離路線を使われていましたがマイルへの短縮に2回連続で反応しており、適性はありそうです。

◎単勝と馬連BOX。
[PR]
by ms-labo | 2008-10-25 11:13 | 予想

府中牝馬Sの予想

スロー逃げ切り勝ち後のヤマニンメルベイユと1年休養明けのアサヒライジングのハナ争いで、ペース速くなりそうもない。

速い上がりを使える馬。
先行馬、もしくは自分で動ける差し馬。
サンデーの血を持った馬。

◎ハンドレッドスコア
母父サンデー。
4歳シーズンをまるまる棒に振って、今年復帰してからは2,2,4,1,2着と堅実。
4着に負けたレースも道中不利があってのもの。
33秒台の上がりを連発・Vラインも連発と重賞でも戦えそうな資質は感じられ、1000万条件の身分ながら格上挑戦してきただけのことはあります。
前走条件戦を負けていることで人気がた落ちですが、完全前残りを差し損ねただけで内容は勝ちに等しいです。
むしろ負けたことで人気激減なのが美味しい。
条件戦上がりで鮮度もあり疲労もなく、ここは一発の期待大。

more
[PR]
by ms-labo | 2008-10-19 12:01 | 予想